最新記事

アメリカ政治

米CIA長官候補ハスペル氏、過酷な尋問への関与巡り指名辞退申し入れ

2018年5月7日(月)09時15分

 5月6日、トランプ米大統領が次期中央情報局(CIA)長官に指名したジーナ・ハスペルCIA副長官(中央)がホワイトハウスに対し、指名辞退を申し出ていたことが、事情に詳しい2人の関係筋の話で明らかになった。ワシントンで2日撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

トランプ米大統領が次期中央情報局(CIA)長官に指名したジーナ・ハスペルCIA副長官がホワイトハウスに対し、指名辞退を申し出ていたことが、事情に詳しい2人の関係筋の話で6日、明らかになった。

ハスペル氏を巡っては、ブッシュ元政権下のCIAが2001年9月11日の米同時多発攻撃後に拘束された容疑者らに対して実施した「拷問」とされる水責めなど過酷な尋問に関わったとの指摘がある。ハスペル氏の支持者らは、ホワイトハウスのスタッフがCIA長官指名を巡り神経質になっていると懸念していたため、同氏は辞退を申し出たという。

同氏による指名辞退の申し入れについては、米紙ワシントン・ポストが最初に報じた。

同紙が4人の米高官の話として伝えたところによると、ハスペル氏は4日にホワイトハウスに呼び出され、過酷な尋問への関与について質問を受けた。同氏は9日に予定されている上院情報委員会での指名承認公聴会がCIAに悪影響を及ぼす事態を回避するため、辞退を申し出た後、バージニア州ラングレーのCIA本部に戻った。

ホワイトハウスのマーク・ショート議会担当補佐官などは同日中に急きょ、ラングレーの本部にハスペル氏を訪れ、数時間にわたり協議したが、指名辞退を撤回する確約は取り付けられなかったという。

ワシントン・ポストによると、ホワイトハウスは5日午後になってようやく、同氏が辞退することはないと確認した。

ホワイトハウスのシャー報道官は取材に対し、「ハスペル氏は30年以上も国に仕えてきた大変有能な候補だ」とコメント。「米国自由人権協会(ACLU)と見解を共にするような、CIAに対する党派的批判によって指名が阻止されることはない」とした。

ハスペル氏を巡っては、拷問を記録したビデオテープの破棄を命じた可能性についても指摘されている。



[ワシントン 6日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

原油先物は小幅上昇、中国が通商協議で米国に代表団派

ワールド

カンボジア下院選、与党が全議席獲得 野党弾圧で海外

ビジネス

トヨタ、中国で生産能力12万台拡張を計画 販売拡大

ワールド

中国商務次官、通商協議のため8月末に訪米=中国商務

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月