最新記事

人道問題

ヒンズー教徒住民99人を虐殺! ミャンマーのロヒンギャには残忍な武装組織がいた

2018年5月24日(木)18時06分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ロヒンギャ族の武装組織に家族を虐殺されたヒンズー教徒たち (c) Al Jazeera English / YouTube

<国際社会が「民族浄化」と批判したミャンマーでのロヒンギャ族への圧政。だが、ロヒンギャ族は単なる被害者ではなかった──>

国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」は5月23日、ミャンマーの少数イスラム教徒ロヒンギャ族の武装組織が、同じ少数派であるヒンズー教徒を女性や子どもも含め99人虐殺していたとする報告書を公表した。

ロヒンギャ族を巡ってはミャンマー国軍による虐殺、暴行、放火などの人権侵害で約70万人が難民として隣国バングラデシュに逃れて、国際社会がミャンマーへの批判を強めている。

しかしその一方で、ロヒンギャ武装集団がヒンズー教徒を虐殺していたことが明らかになり、アムネスティでは「国軍と同じくロヒンギャ側も人権侵害という点では非難されるべきだ」との見解を示している。ミャンマーの民族対立、宗教対立の根深い現状が明らかになった。

ヒンズー教徒の村を襲撃、村人を虐殺

2017年8月25日、ミャンマー西部のロヒンギャ族が多数住むラカイン州で警察施設がロヒンギャの武装組織「アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)」に襲撃される事件が起きた。

ミャンマー国軍はこれを契機にARSAとそのシンパそして一般のロヒンギャ住民への軍事掃討作戦を展開。暴行、略奪、レイプ、放火と数々の暴虐行為を起こし、国際社会から「民族浄化」と非難される事態に発展する。そして最終的に約70万人のロヒンギャ族がバングラデシュに脱出し、複数の難民キャンプでの避難生活を余儀なくされている。

ところが、このとき虐殺されたのはロヒンギャ族だけではなかった。

警察署が襲撃された昨年8月25日の午前8時ごろ、ラカイン州北部マウンドー郊外のヒンズー教徒が多く住むカ・マウン・セイク村にナイフや鉄の棒などで武装した黒装束の一団が侵入。女性や子どもを含むヒンズー教徒の住民を後ろ手に縛り、目隠しをして村の一角に集めた。金品を強奪した後、イスラム教に改宗することを約束した女性8人、子供8人を村の外に連れ出した後、男性20人、女性10人、子供23人(うち14人は8歳以下)合計53人の喉を切って次々と殺害したという。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月