最新記事

育児

「胸は垂れるときは垂れる」 母乳神話にまつわる5つの誤解を検証すると...

Five Things To Know About Breast-Feeding

2018年4月13日(金)16時10分
デーナ・ダビー

「授乳は痛い」といった説を信じる人もいる? LISA SPINDLER PHOTOGRAPHY INC.ーTHE IMAGE BANK/GETTY IMAGES

<母乳育児が1番とは言うものの、通説に振り回され過ぎるのは良くない。さまざまな恩恵のある母乳にまつわる誤解を解けば、マイナスの噂によるストレスを減らすことも期待できる。本誌SPECIAL ISSUE「0歳からの教育 発達編」より>

赤ちゃんにとって母乳育児が最もいいという点で、小児保健専門家の意見はほぼ一致する。母乳は赤ちゃんの免疫機能を高め、病気や病原菌から守ってくれる。授乳は母子の絆も深めるし、生後数カ月の母乳育児と子供のIQ(知能指数)向上の関係を示唆した研究もある。

こうした多くの恩恵が確認されていても、WHO(世界保健機関)とユニセフ(国連児童基金)による194カ国の調査では完全母乳で育つ生後6カ月未満の赤ちゃんは40%だけだ。

母乳育児を妨げるような誤解も多い。以下に見てみよう。

授乳は痛い

通常は、授乳で痛みを感じることはない。痛む場合は乳首の真菌感染症、赤ちゃんが正しい位置で吸えていないこと、母親の妊娠などが考えられる。

赤ちゃんには乳首だけでなく、乳輪まで深くくわえさせよう。そうしないと母乳がうまく飲めずに乳首だけ強く吸われ、母親は乳首をつねられるような痛みを感じることもある。乳頭亀裂のリスクも増す。

珍しい例だが、授乳中に嫌な心地がする人もいる。不快性射乳反射(D-MER)と呼ばれ、ホルモンバランスが原因のようだ。授乳期間中続く場合もあるが、大抵は3カ月ほどで消える。

授乳をすると疲れる

授乳で1日に300~500キロカロリーを消費するのは確かで、母親が1日の必要エネルギー量を摂取していなければ疲労を感じるかもしれない。ただし妊娠・育児サイトのバンプによれば、授乳にまつわる疲労は授乳行為以外が原因だ。例えば授乳の時間。新生児は1日に12回も母乳を飲むことがあり、母親は対応するだけで大変だろう。新米の母親の場合は特にストレスも大きく、疲労に負けやすい。

食事に気を付けるべき

これはイエス。母親の食事が母乳に影響するから、きちんと水分補給し、健康的でバランスの取れた食事をすること。ただし妊娠情報サイトのベビーセンターによれば、ほどほどなら授乳中に好きなものを取っていい。

大量のカフェインは良くないが、1日1杯くらいのコーヒーなら害はない。アルコールの場合、血液中からなくなれば母乳にも入らない。週に1、2杯の少量のアルコールが赤ちゃんに害を与える証拠もないという。

ニュース速報

ビジネス

アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導

ビジネス

焦点:米国、日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非

ワールド

焦点:米関税免除の代償に苦しむ韓国鉄鋼界、日本と明

ワールド

米司法副長官、トランプ大統領の解任発動提案 秘密録

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせない」

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 6

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 7

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 8

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 8

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 9

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月