最新記事

ロシア

プーチンの差し金?亡命ロシア人の不審死が止まらない

2018年3月14日(水)18時45分
デービッド・ブレナン

3月18日の大統領選挙に向けたプーチン陣営の広告(ロシア南部スタヴロポリ、3月5日) Eduard Korniyenko-REUTERS

<プーチンに批判的だった亡命ロシア人がまたイギリスで死亡した。黒幕は大統領選を控えたプーチンなのか>

プーチン大統領を批判するロシア人亡命者ニコライ・グルシュコフ(68)が、ロンドンの自宅で不審死を遂げた。英ロのメディアが3月13日に報じた。

グルシュコフは、オリガルヒ(新興財閥)の大富豪ボリス・ベレゾフスキーの親しい友人だった。ガーディアン紙によれば、死因は明らかになっていない。

ロシアとイギリスの二重スパイだったセルゲイ・スクリパリとその娘が、薬物で意識不明になった3月4日の事件をきっかけに、ロシアと西側諸国の間では緊張が高まっている。

スクリパリ父娘は現在も重体だが、その原因が旧ソ連軍が開発した神経剤「ノビチョク」であったことが判明。この事件の背後にロシアがいる可能性は非常に高いとテリーザ・メイ英首相は語った。

グルシュコフは1990年代にロシアの国営航空会社アエロフロートとベレゾフスキー所有の自動車会社ロゴワズの幹部を勤めていた。1999年にプーチン大統領と不仲になり、マネーロンダリングと詐欺の罪で5年間投獄された。

2004年に釈放された グルシュコフは、イギリスに逃げた。だが2006年に再び詐欺罪で執行猶予2年の判決が下った。彼は政治的亡命者として保護され、イギリスに留まった。

だが亡命後も、ロシア政府は グルシュコフを追い続けた。17年にはロシアの裁判所が1990年代にアエロフロートから1億2200万ドルを横領した罪で有罪判決を下し、懲役8年と100万ルーブル(1万7590ドル)の罰金刑を宣告した。

ベレゾフスキー自殺説に反発

ベレゾフスキーは2011年にプーチンと親しいオリガルヒのロマン・アブラモビッチを訴え、 グルシュコフは裁判所に証拠を提示した。裁判官はこの訴えを退け、ベレゾフスキーを「意図的に不誠実」と非難した。ベレゾフスキーは公的生活を退き、 グルシュコフはこの決定に対して正式に不服を申し立てた。

イギリス亡命中、ベレゾフスキーは定期的にプーチンを批判し、2005年にBBCの取材でこう語った。「プーチンが2008年の選挙で生き延びるチャンスはないと確信している。私はプーチン政権の継続を阻止するために、全力を尽くしている。そしてプーチン退陣後、ロシアに帰ることを考えている」

ベレゾフスキーは2013年、イギリスの元妻の家で首を吊って死亡した。争った形跡はみられず、警察は自殺したと考えた。だが検死官は死因不明と記録した。ベレゾフスキーの友人やロシア人亡命者は自殺説には懐疑的だった。

グルシュコフはベレゾフスキー死亡直後、ガーディアン紙に対して、「ボリスは殺されたと確信している。私はマスコミの報道とはかなり違う情報を知っている」と語った。

「ボリスは窒息死した。自分でやったか、誰かがやったか。でも自殺だったとは思わない」と、彼は説明した。また2006年に放射性物質ポロニウムで暗殺されたアレクサンドル・リトビネンコの事件にも言及した。「ロシア人亡命者の死が多すぎる」と、当時グルシュコフは語っていた。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 5

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 8

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 9

    老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月