最新記事

化学兵器

元スパイ暗殺未遂に使われた神経剤「ノビチョク」はロシア製化学兵器

2018年3月14日(水)17時30分
キャサリン・ハイネット

防護服姿で元スパイと娘が発見された現場を調べる英当局(ソールズベリー、3月8日)Peter Nicholls-REUTERS

<イギリス南部の穏やかな街のベンチで意識不明になり見つかった元スパイの父と娘。イギリス首相メイは「ロシアによる攻撃」と断じた>

3月4日、大聖堂で有名なイギリス南部の街、ソールズベリーにあるショッピングセンターのベンチで、ロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリとその娘が意識不明の状態で発見された。身体は痙攣し、明らかに異常だとわかる姿だったと、目撃者は言う。

ちょうどその場に居合わせ、2人を助けようとした警察官のニック・ベイリーもたちまち容態が悪化し、重体となっている。事件から1週間後の11日には、政府機関のイングランド公衆衛生サービスが、スクリパリ親子が訪れた地元のパブやレストランに居合わせた住民に、店で着ていた衣服や所持品を水洗いするようにと呼びかけた。

イギリスのテリーザ・メイ首相は3月12日、下院で、この事件で用いられたのは軍事兵器レベルの神経剤「ノビチョク」で、かつてロシアが製造していたものだと明かした。かなりの確率でこの事件にはロシアが絡んでいるとして、「イギリスに対する無差別で無謀な攻撃だ」と、ロシアを非難した。

第1世代の神経ガス「G剤」の登場

化学兵器を最初に開発したのは1930年代のドイツだ。連合国側の情報機関に秘密で、第1世代の神経剤を発見した。殺虫剤を開発する過程で見つかったこれらの薬剤は、その後化学兵器として悲惨な被害をもたらした。

1945年には、イギリス軍の化学兵器研究施設「ポートンダウン」に、見慣れない形態のドイツ製砲弾が持ち込まれ、科学者たちを驚かせることになった。

ポートンダウンはもともと、第1次世界大戦中に化学兵器の研究を行うために設立された施設。第1次世界大戦でイギリス軍が用いたマスタードガスとホスゲンは見慣れていたが、ドイツ軍が開発したサリンやタブン、ソマンは未知の薬剤だったのだ。

こうした第1世代の化学兵器(G剤)は、アセチルコリンエステラーゼという酵素を阻害することで、神経の情報伝達を妨害し、筋肉を収縮させる性質を持つ。こうした化学兵器の攻撃を受けた人間は、激しいけいれんを起こし、心不全や窒息状態に陥ってたちまち死に至る。

第2世代の化学兵器VX

以上の「G剤」に続くのが、第2世代の神経剤「V剤」だ。V剤の中で最も有名なのはおそらくVXだろう。サリンよりも致死性が高いVXは、「venomous agent X(有毒剤X)」の名でも知られ、1950年代にイギリスで開発された。

無味無臭の液体で、国連が定める大量破壊兵器として化学兵器禁止条約の対象とされ、使用だけでなく生産や保有も禁じられている。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏ジョージア州へ、トランプ氏3州で集会 最

ワールド

EU、21年末までのコロナワクチン接種は一部に限定

ビジネス

米エアビー、上場先はナスダックに

ビジネス

仏LVMHと米ティファニー、買収価格引き下げで協議

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 3

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇を観測

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 8

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 9

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 10

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 5

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 9

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月