最新記事

日中関係

中国でも森友決裁文書改ざんを大きく報道

2018年3月14日(水)12時55分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

森友学園問題で麻生財務相が文書書き換えを謝罪 Toru Hanai-REUTERS

全人代会期中であり、習近平礼賛に燃え上がっている中国の中央テレビ局CCTVが、日本の森友決裁文書改ざんを報道。中国政府系や共産党系のネットも大きく扱っている。「安倍三選は絶望か」といったタイトルで。

CCTV:森友学園スキャンダル再燃 安倍内閣総辞職を求める声が高まっている

3月5日に始まった全人代(全国人民代表大会)は、3月11日に国家主席の任期を撤廃する憲法改正を可決し山場を迎えている。中国共産党が管轄する中央テレビ局CCTVは、連日連夜、習近平国家主席と党の指導を礼賛することで真っ赤に染まっている。

全人代会期は例年になく延長され、3月20日に閉幕するというほどの審議内容(可決事項?)満載だ。

だというのにCCTVも党や政府系の紙ベースあるいは電子版のメディアも、全人代開幕式の3月5日から始まって、日本の森友決裁文書改ざん問題を報道することに余念がない。

まず近いところで、3月13日の報道を見てみよう。

3月13日のCCTVニュースは全国ニュースで、森友学園スキャンダルにより安倍政権総辞職を求める声が日本で高まっていると報道した。その動画をリンクさせたいが不安定なので、CCTVニュースを文字で報道しているネット情報をご紹介する。情報源は中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹版「環球時報」電子版「環球網」で、タイトルは「森友学園スキャンダル持続的に再燃 日本与野党の安倍内閣総辞職を求める声が高まっている」。

リンク先にアクセスしていただくと、CCTVで報道した写真が少なからず貼り付けてあるのが分かる。写真から推測いただける内容は日本で報道されている情報を、ほぼ全て網羅しているので、説明するのは避ける。

中国ではこの事件を「地価ゲート」と称しており、随所に「地価門」の簡体字があることにお気づきになるだろう。「ウォーターゲート事件」以来、中国では大きな国家的疑獄に対して「ゲート(門)」を使うようになった。

報道は、日本の自民党内からも批判の声が上がっていることに触れているが、中国ではそのようなことは起きえないという独裁ぶりが顕著な中、よく他国の文書隠蔽や改ざんを報道できるものだと、興味深くチェックした。

「安倍謝罪、党首三選は絶望か?」と新華網や環球時報

同じく3月13日付の中国政府の通信社「新華社」電子版「新華網」が「安倍、森友学園文書改ざんに関して謝罪  党首三選は絶望か(党首三選の希望は破滅か)?」というタイトルで報道。情報は紙ベースの「環球時報」に基づいている。

ここでは日本の朝日新聞をはじめ共同通信社や読売新聞社、フジテレビあるいはロイター社などの情報を主たる情報源として報道している。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月