最新記事

金正恩

偽造旅券で日本潜入、金正恩一家の行き先は「美空ひばり記念館」

2018年3月1日(木)11時00分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

ロイターが27日付で配信した金正恩のブラジル国籍の偽造パスポート画像 REUTERS 

<金正日、金正恩のブラジル国籍の偽名パスポート画像が配信されたが、北朝鮮の独裁者一族は過去に何回も日本に密かに入国していたことが知られている>

ロイター通信は28日、北朝鮮の故金正日総書記と金正恩党委員長が不正に入手したブラジルのパスポートで西側諸国のビザ申請をしていたと、件のパスポートの写真とともに報じた。日本に渡航した可能性もあるとしている。

公開されたパスポートの写真には、明らかに金正恩氏と判断できる顔写真が添付されている。

ロイターの報道によれば、金正恩氏の写真が貼られたパスポートの氏名は「Josef Pwag」で、生年月日は1983年2月1日。金正日氏の方は、氏名が「Ijong Tchoi」、生年月日は1940年4月4日となっている。

実は、このうち金正恩氏の偽名については、筆者も2012年の初めまでに把握。『いまだから知りたい不思議の国・北朝鮮』(洋泉社MOOK)という本に書いていた。それだけではない。この本の中では、次のような情報も明かしている。

金正日氏の妻・高ヨンヒ氏は1997年と2000年に来日。来日時には美空ひばり記念館(現・京都嵐山美空ひばり座)や銀座でのショッピングを楽しんだ。金正恩と金正哲(ジョンチョル)は1991年に来日。入国時の偽名は金正恩が、報道されているとおりの「ジョセフ・パク(Josef Pwag)」、金正哲が「エルメル・パク(Ermel Pwag)」。兄の方も偽装ブラジル旅券だったという。

彼ら以外では、金正日氏の妹の夫である張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長――すなわち金正恩氏ら兄妹の叔父も、1980年前後に氏名や肩書を偽装して2回ほど来日していたのが確認されている。

末っ子の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長の来日の情報はいまのところは聞かないが、先の話がすべて事実なら、金正恩ファミリーのほとんどが日本に極秘入国していたことになる――。

金正恩氏の母・高ヨンヒ氏が大阪出身であることはよく知られている。

彼ら独裁者ファミリーにとっては、偽造旅券の入手などお手のものだったということだ。ならば、北朝鮮においても日本を懐かしんでいたとされる彼女が、お忍びで「里帰り」していたとしてもおかしくはないし、息子たちの「日本潜入」にも喜んだのではないか。ちなみに息子たちは、やはりディズニーランドで遊んでいたそうだ。

ただ、偽造旅券による日本潜入と言えば、有名なのは成田空港で拘束(2001年5月)された、金正日氏の長男・金正男(キム・ジョンナム)氏だ。彼はこの件で、権力の中枢から遠ざけられることになったと言われる。

<参考記事:「喜び組」を暴露され激怒 「身内殺し」に手を染めた北朝鮮の独裁者

本当ならば、ちょっと理不尽な気がしてしまうのは、筆者だけだろうか。

また、金正男氏拘束の背景には、高ヨンヒ氏一派による工作があったとも言われるが、それもこの際、改めて検証してみる価値はあるかもしれない。

<参考記事:金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か...浮かび上がる「裏切り者」の存在

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

ニュース速報

ワールド

ロシア、日本人ジャーナリストを追放 軍事機密入手を

ワールド

IS、イスラエル攻撃呼び掛け トランプ氏の中東和平

ワールド

新型肺炎で中国主席と緊密に連携、いかなる支援も提供

ビジネス

新型コロナウイルスは撲滅可能、原油市場を注視=サウ

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 2

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 7

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 8

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 9

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 10

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月