最新記事

サイエンス

「最初のイギリス人」は浅黒い肌に縮れ毛だった 予想を覆すその容姿とは...

2018年2月7日(水)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

現代イギリス人のイメージは白い肌に青い瞳だけど… bowie15-iStock.

<DNA解析で明らかになった1万年前の「最初のイギリス人」が、想像と違いすぎて欧州メディアが続々報道>

チェダーチーズ発祥の地、イギリスのサマセットにあるチェダー渓谷の洞窟で見つかった最古の完全な人骨「チェダーマン」。先ごろ、ロンドン自然史博物館とロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(UCL)の研究チームによって、9000年前に生きていた「チェダーマン」の容姿が復元された。

復元のカギとなったのは、人骨から採取されたDNAの「かけら」。英ガーディアンによると、頭蓋骨に開けた2ミリの穴から骨粉が採取され、完全なゲノムを抽出できた。それを手がかりに現代のチェダー住民のゲノムを照らし合わせながら、復元にこぎつけたという。

現代イギリス人とはかけ離れたイメージ

復元されたイメージについて複数の欧米メディアは「旧石器時代のアフリカ人の傾向が強かった」と報じている。特に、青い瞳と浅黒い肌の組み合わせに注目しており、「(その組み合わせは)想像できないものではないが、現代では非常に珍しい」と同博物館の人類進化研究室に所属するクリス・ストリンガー教授は指摘する。

(今回発表された、チェダーマンの復元イメージ)


「チェダーマン」が発見されたのは1903年のこと。身長165センチメートルの10本の良い歯を持つ男性で、20代前半で死亡。彼らの部族は動物の皮で作ったテントに住み、狩猟犬と弓矢を使いシカやイノシシを獲りながら生活していたことがわかっていた。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、敵対行為やめない限り日本を無視=国営メディ

ワールド

イタリア地方選、同盟が躍進 五つ星に比肩する支持獲

ビジネス

高島屋、18年3―5月期は増収増益 インバウンドや

ビジネス

欧州銀行監督機構、銀行に英のEU離脱対策急ぐよう警

MAGAZINE

特集:中国よりもおそロシア

2018-7・ 3号(6/26発売)

台頭する中国の陰で牙を研ぐ謀略家プーチン ロシアが狙う新たなターゲットは何か

人気ランキング

  • 1

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 2

    【ロシアW杯】セネガル系選手はなぜセネガル代表でプレーするか? アフリカ・サッカーの光と影

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    水を飲めず、MOMも受け取れないロシアW杯選手たち

  • 5

    ハーバードが絶賛する「日本」のポテンシャルと課題

  • 6

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 7

    刑務所内から犯行指示のテロ指導者に死刑判決 報復…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    ナルシストは危険信号 浮気がちな7つのパーソナリ…

  • 10

    優秀過ぎるアジア人学生「締め出し」でハーバード大…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 6

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 7

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 8

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 9

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 6

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月