最新記事

丸ごと1冊 金正恩

【まんが】金正恩の3代目「独裁者」世襲秘話

2018年2月13日(火)17時25分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Newsweek Japan

ピョンチャン(平昌)冬季オリンピック開催中に繰り広げられる、北朝鮮の「ほほ笑み外交」。果たして五輪閉幕後、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は平壌で韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談を行うのか。

このところ北朝鮮が優位な立場に立っているようにみえるが、先行きはまだ不透明だ。核危機がこれで終息に向かうと考えるのは早計だろう。そもそも、なぜ核開発に邁進するのか、何が金正恩の最終目的なのか――それらを知れば、今後も全く気を抜けないことが分かる。

ニューズウィーク日本版ではこのたび、日本人に突き付けられた北朝鮮核危機の深層に迫るムック「丸ごと1冊 金正恩」を制作。金正恩政権の「等身大の姿」から核・ミサイル開発の本当の実力、国内政治と経済の現実まで、まんがや資料、年表も使いながら、グローバルな視点から解き明かしている。

ここでは本誌から「まんがで分かる 金正恩が3代目指導者になるまで」(作画:カネダ工房)を掲載する。


『ニューズウィーク日本版SPECIAL ISSUE
「丸ごと1冊 金正恩」』
 CCCメディアハウス

magSR180213-1b.png

ニュース速報

ワールド

米が9年ぶり有人宇宙飛行、初の民間船をISSへ

ワールド

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転

ワールド

暴動に発展のミネソタ黒人死亡事件、殺人容疑で元警官

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 6

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 7

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 8

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 9

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 10

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月