最新記事

米大統領

「トランプは頭がおかしいようだ」と議会に話した精神科医に脅迫殺到

2018年1月25日(木)14時40分
トム・ポーター

1日に1000通の脅迫を受け取ることもあり「命の危険」を感じるという精神科医のリー Yale University

<医師を議会に呼んだ議員たちも、トランプが何をしでかすか心配で相当切迫していたという>

米議会に呼ばれてドナルド・トランプ米大統領の精神状態について意見を述べた精神科医が、「殺してやる」など大量の脅迫に悩まされている。

この精神科医はエール大学医学大学院の臨床精神医学科助教を務めるバンディー・リー。昨年出版された精神科医ら27人の共著『ドナルド・トランプの危険な症例』の著者の1人であり、編集も手掛けた。

脅迫は電子メールや電話、フェイスブックなどもあるが、大半はツイッターでの攻撃だという。

「多いときは1日に1000件も脅迫メッセージがくるので、身の危険を感じている」と、リーはメディアに語った。

政治ニュースサイトのポリティコが今年初めに伝えたところによれば、トランプ大統領の言動が尋常ではないと懸念する議員たちが昨年12月5日と6日、リーを議会に招いて説明を求めた。リーは、トランプが陰謀論に取り憑かれていること、暴力的な動画に興味を示すこと、自分が認めていた事実を後になって否定することを挙げ、議員たちの疑いには根拠があると話したという。

「衝動的にツイートを乱発するのは、ストレスに耐えかねて精神的におかしくなっているサインだと、私たちは見ている。トランプの精神状態は悪化しており、大統領の重責に耐えられなくなるだろう」と、リーは議員向け説明会の後、ポリティコに語った。

議員たちも心配で崖っぷち

「ある上院議員は一刻も早く精神科医の意見を聞きたかったと話していた。大統領の危険な言動に対する議員の懸念は驚くほど深刻なレベルに達していた」

面接や検査を行わずに精神状態を診断するのは職業倫理に反するとして、同業者の間でもリーを批判する声はある。しかしリーは、自分は診断を下しているのではなく、診断を受けるべきだと言っているのだという。

最も懸念しているのはトランプの精神状態がアメリカと世界に及ぼす影響だと、リーはメディアに語った。

「トランプ氏個人の精神状態を心配しているわけではない。大統領の精神状態が人々に及ぼす脅威が心配なのだ。医師は個々の患者だけでなく、社会全体の福利を守る責務がある。私は医師の職責を果たすべく発言している」

ジャーナリストのマイケル・ウルフは、トランプ政権の暴露本『炎と怒り』で、側近たちもトランプの精神状態に不安を抱いていると述べている。トランプはこれに猛烈に怒り、「私は(精神的に)非常に安定した天才だ」とツイートした。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 9

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月