最新記事

ネットアイドル

整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミングアイドルの過酷な現実

2017年12月14日(木)18時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

中国で人気のストリーミングスター、ファンファンはほぼ休み無く働く SCMP News/Twitter

<ライブストリーミングで稼ぐために美容整形を重ね、年齢を偽ってまでしがみついた女性もキャリア変更を余儀なくされる>

平日10時間以上、週末はこれより忙しく、旧正月の期間と美容整形手術の術後しか休めない仕事――それが中国の「ライブストリーミングアイドル」だ。彼女は中国全土のファンに向けて、一日のうち決められた時間に自分の姿を生中継で歌やダンス、食事風景などを配信し、動画を見た視聴者からの「プレゼント」で生計を立てている。香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

「見た目と年齢はライブストリーミングを生業にする女性にとって最も大切な要素」。

こう語るのはライブストリーミング界の有名アイドルのファンファン(仮名)。この業界も2015年に彼女が配信を始めたときよりライバルが増え、競争は熾烈になってきたと語る。見た目の美しさが重要なこの世界で生き残りを賭けて、ファンファンは何度も顔や身体にメスを入れ美しさを保つ努力を怠らない。年齢も本当は26歳だが、23歳と偽っている。

ファンファンが必死になるのも無理はない。中国のライブストリーミング業界は約350万のプロとセミプロの配信者がいて、約3億5000万人のスマートフォンからの視聴者がいる一大市場に成長した。ファンファンもプロの配信者として「視聴者に見てもらう」努力を重ねるが、身体は悲鳴を上げている。

一日のなかでもライブストリーミングの視聴率が高い午後8時~午前12時を中心に生活するファンファンの起床時間は遅く、生活は不規則だ。今年の初めに美容整形手術を受けた直後さえ、配信スケジュールを変更して1日2回、午前10時と午後8時に短いセッションを届けた。

ニュース速報

ビジネス

政府と連携で企業金融支援、必要なら制度拡充や金利変

ワールド

東京高検検事長の退職金、自己都合なら800万円減額

ワールド

韓国サムスントップを検察が聴取、15年合併巡り=聯

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月