最新記事

ネットアイドル

整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミングアイドルの過酷な現実

2017年12月14日(木)18時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

中国で人気のストリーミングスター、ファンファンはほぼ休み無く働く SCMP News/Twitter

<ライブストリーミングで稼ぐために美容整形を重ね、年齢を偽ってまでしがみついた女性もキャリア変更を余儀なくされる>

平日10時間以上、週末はこれより忙しく、旧正月の期間と美容整形手術の術後しか休めない仕事――それが中国の「ライブストリーミングアイドル」だ。彼女は中国全土のファンに向けて、一日のうち決められた時間に自分の姿を生中継で歌やダンス、食事風景などを配信し、動画を見た視聴者からの「プレゼント」で生計を立てている。香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

「見た目と年齢はライブストリーミングを生業にする女性にとって最も大切な要素」。

こう語るのはライブストリーミング界の有名アイドルのファンファン(仮名)。この業界も2015年に彼女が配信を始めたときよりライバルが増え、競争は熾烈になってきたと語る。見た目の美しさが重要なこの世界で生き残りを賭けて、ファンファンは何度も顔や身体にメスを入れ美しさを保つ努力を怠らない。年齢も本当は26歳だが、23歳と偽っている。

ファンファンが必死になるのも無理はない。中国のライブストリーミング業界は約350万のプロとセミプロの配信者がいて、約3億5000万人のスマートフォンからの視聴者がいる一大市場に成長した。ファンファンもプロの配信者として「視聴者に見てもらう」努力を重ねるが、身体は悲鳴を上げている。

一日のなかでもライブストリーミングの視聴率が高い午後8時~午前12時を中心に生活するファンファンの起床時間は遅く、生活は不規則だ。今年の初めに美容整形手術を受けた直後さえ、配信スケジュールを変更して1日2回、午前10時と午後8時に短いセッションを届けた。

ニュース速報

ワールド

船内隔離は適切だった=新型肺炎のクルーズ船対応で官

ワールド

豪中銀、2月会合で追加利下げ協議 リスクが利点上回

ワールド

米国務長官、アンゴラの汚職批判 米企業の投資も売り

ビジネス

日産が臨時株主総会、内田社長ら新取締役4人選任議案

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

  • 4

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

  • 7

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 8

    「37.5度以上はオフィス入室禁止」 日本企業もウイル…

  • 9

    新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

  • 10

    習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 7

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月