最新記事

韓国政治

文在寅政権下に噴き出した李明博時代のウミ

2017年11月29日(水)17時00分
ジャスティン・フェンドス(東西大学教授)

朝鮮半島大運河は、李が選挙公約に掲げたプロジェクトの1つ。国内の河川をつないで、メガコンテナが通過できる幅に拡張し、最終的に朝鮮半島を南北に貫く大運河を建設するという壮大な構想だった。

しかし莫大なコストがかかることもあり、当初からプロジェクトは激しい反対に遭い、最終的に白紙化された。しかし李は、大統領選で自分を応援してくれた財閥系ゼネコンに見返りを与える必要に迫られ、代替プロジェクトとして4大河川整備事業を打ち出した――。これが現在では定説となっている。

政府の会計検査を行う韓国監査院は13年、4大河川整備事業は李の直接的かつ個人的な指示で起案・実施されたとの結論を下した。このプロジェクトを推進していたのは、政権内部でも李だけだったともされる。

息を吹き返した株問題

それでもプロジェクトを実現に持ち込むため、李は事実と異なる実施理由も並べた。例えば、「韓国は国連の水不足国に指定されている」というもの。だが、国連にそのような指定は存在しない。このため文は今年5月、4大河川整備事業の政策決定や実施の過程について監査を命じた(結果はまだ出ていない)。

そもそも李は、大統領就任前から不祥事まみれだった。なかでも悪名高いのがBBK事件だ。

李は、92年に実業界から政界に転じたものの、公職選挙法違反が明らかになり、98年に国会議員を一度辞任。米ジョージ・ワシントン大学客員研究員に転じた。このとき在米韓国人の金敬俊(キム・ギョンジュン)が代表を務める投資顧問会社BBKと関係を深めた。

李は、金が韓国に複数のペーパーカンパニーを設立して外国人投資家の買収対象になっているという虚偽情報を流し、株価をつり上げるのを手伝ったとされる。買収の噂により株価は急騰し、金らは380億ウォン(約38億円)を子会社(のちに李と金が所有するペーパー会社であることが発覚)に送金して横領したとされる。

これにより損失を被った韓国の投資家たちが李を刑事告発したが、「証拠不十分」として立件されなかった。しかし李が出馬した07年の大統領選直前に疑惑が再浮上して、李はピンチに陥りかけた。

アメリカから帰国した金はすぐに逮捕され、起訴された。このとき李がBBKなど横領に関与した企業を一部所有していた証拠も見つかったが、李が大統領選に勝利すると、問題はうやむやに。その一方で金は、8年の懲役刑を言い渡された。

今年3月に刑期を終えてアメリカに戻った金は、BBKへの李の関与を立証するために協力を惜しまないと言う。「BBK事件の犯人は私だと考えられているが、実際は違う。私はこの事件絡みの多くの訴訟に勝ってきた。悪いのは当時の与党であり、その恩恵を得たのは李明博政権だ」

韓国検察は11月に入り、BBK事件の再捜査を正式に決めた。捜査の焦点は李の関与だ。どうやら李が朴に続き、ダーティーな過去について刑事責任を問われる大統領経験者になる可能性は、かなり高そうだ。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

ウイークデーの朝にお届けします。

ご登録(無料)はこちらから=>>

From thediplomat.com

[2017年11月28日号掲載]

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月