最新記事

米政治

憤るアメリカ白人とその政治化

2017年9月11日(月)12時14分
マルガリータ・エステベス・アベ(シラキュース大学准教授)※アステイオン86より転載

今年4月に米ウィスコンシン州で演説を行ったトランプ大統領 Kevin Lamarque-REUTERS

<トランプ大統領を生み出した米国社会の現状を理解する一助になるものとして『ヒルビリー・エレジー』という無名の著者による本が話題となり邦訳も出たが、実はそれだけではない。同様に話題になったのが、政治学者キャサリン・クレイマーによる『The Politics of Resentment(憤怒の政治)』と、社会学者アーリー・ホックシールドによる『Strangers in Their Own Land(故郷を失った人たち)』。いずれもリベラルな人たち向けに書かれた「共和党を支持する白人労働者層の生態と心理の入門書」だ>

 本稿では、ドナルド・トランプ大統領を生み出した社会的な背景を理解する書として米国内で話題になった最近の二冊の著作を紹介したい。いずれも、トランプの登場そのものについて語られたものではなく、リベラルな人たち向けに書かれた「共和党を支持する白人労働者層の生態と心理の入門書」というべきものである。こういったジャンルの本が存在すること自体がアメリカ政治の直面する党派的分裂の深刻さを浮き彫りにしているといえよう。

『The Politics of Resentment(憤怒の政治)』の著者のキャサリン・クレイマーは、ウィスコンシン州立大学マディソン校の政治学者であるが、もともと彼女自身もウィスコンシン州育ちである。かつては労働運動が盛んで、民主党が優勢だったウィスコンシンは、今や、州知事スティーブ・ウォーカーの激しい労働組合潰しですっかり有名になってしまった。ティーパーティー運動の申し子として、二〇一一年に州知事に就任したウォーカー知事は、過激な反労働組合・反政府主義者であり、二〇一六年の共和党大統領予備選に出馬した野心家でもある。著者が、ウィスコンシンの有権者の変化を理解すべく、共和党支持の多い州内の農村地区や富裕層の多いリゾート地区に足を運び、地元の有権者の声を拾って纏めたのが本書である。クレイマーは「rural consciousness(農村意識)」という概念を使って、有権者の政治観を捉えようとする。過去の大統領選挙では、ウィスコンシンやミシガン州などは民主党が優勢な地域であったが、先の大統領選挙では、ヒラリー・クリントン民主党候補がトランプに敗れ、その背景を知るための良書ということで一気に話題の本となった。


 キャサリン・クレイマー
『憤怒の政治』
 The Politics of Resentment:
 Rural Consciousness in Wisconsin and the Rise of Scott Walker
 by Katherine Cramer
 (University of Chicago Press, Chicago, IL: 2016)

 アーリー・ホックシールドの『Strangers in Their Own Land(故郷を失った人たち)』も類似の試みである。カリフォルニア大学バークレー校の社会学者の著者は、まさにリベラルなカリフォルニア人の典型のような人物であるが、意思疎通が不可能になるほどの党派的な壁の出来たアメリカ政治の現状に危機感を抱き、壁の反対側にいる人たちを理解せんと、南部のルイジアナ州をその舞台に選ぶ。最も貧しい州の一つであるルイジアナは環境汚染の酷さも凄まじい。それどころか、住民の多くは、環境汚染の元凶である石油・天然ガス採掘会社の為の減税と規制緩和を推進する共和党を支持している。生活を壊され、それでも日々を力強く生きて行く健気な人たちと、それを食い物にする大企業と政治家の話は、読むだけで胸が苦しくなるような本である。ホックシールドは本書を通して、ルイジアナの共和党支持者らがどう自分たちの生活・政治を認識しているか、その「深層の物語(Deep Story)」を描き出そうとする。


 アーリー・ホックシールド
『故郷を失った人たち』
 Strangers in Their Own Land:
 Anger and Mourning on the American Right, A Journey to the Heart of Our Political Divide
 by Arlie Russell Hochschild
 (The New Press, New York, NY: 2016)

 どちらも、トランプ大統領誕生を見越して書かれた訳ではなく、二〇〇九年に発生し、二〇一〇年の中間選挙で大きな影響力を持つに至った草の根の反政府主義運動であるティーパーティー運動の支持者らの心理・思考について書かれている。所得分布の上位一%への富の集中が話題になっている米国で、なぜここまで多くの一般のアメリカ人たちが、富裕層と大企業の為の減税と規制緩和を推進する共和党を支持するのか、という謎に答えようとしている点では、新しいジャンルというより、二〇〇四年に大きな話題を呼んだトーマス・フランクの『What's the Matter with Kansas? : How Conservatives Won the Heart of America』と系統を同じくする。フランクは、中絶反対といった規範的な争点の重みが増したことで、白人労働者らの票が、彼らの経済的な利益に叶っている民主党から、そうでない共和党へとシフトしたのではないか、と論じた。当時のブッシュ共和党が宗教的な動員を利用していたのは明らかであり、政治学者の間では、投票行動を規定するのは、規範的な価値なのか経済的利益なのかという論争になった。アメリカ政治の全体像を踏まえて、謎の解明をしようとしたフランクと対照的に、クレイマーとホックシールドの著作は、いかに白人労働者層にリベラル・エリート嫌いが蔓延しているのかについての有権者らの「生の声」の記録である。クレイマーとホックシールドは、経済的な利益計算と規範的な判断が、決してきれいに二分化している訳ではなく、政治観が、事実と情報操作や偏見が混ざり合いの中で決まって行くこと、規範というのは宗教的なことだけではなく、良い仕事や行政サービスを得るに市民としての正当な権利があるのは誰かといったことまで含むことを明らかにしてくれる。実際の有権者らが自らの言葉で語る政治観を詳しく紹介しており、社会科学的な想像力を助けてくれる本だといえる。

【参考記事】トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

ニュース速報

ビジネス

UDが30年までに電動トラック量産化へ、ボルボ内で

ビジネス

オープン外債、ドル100─105円の押し目捉え増額

ビジネス

焦点:金融庁報告書、地銀統合ありきの声 脱落した日

ワールド

トランプ米大統領、年央に訪英へ=英紙

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    ホルマリンを点滴された女性、死ぬ──遺体の防腐処理に使う薬品が体内に

  • 4

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 5

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 8

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 9

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月