最新記事

ミャンマー

ロヒンギャ難民12万人超 沈黙貫くミャンマーのスー・チーに批判

2017年9月7日(木)18時16分

9月5日、イスラム系少数民族ロヒンギャに対する暴力が続くミャンマーでは、この10日余りで約12万5000人が隣国バングラデシュへ避難する事態に発展。沈黙を続けるアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に対し、世界から圧力が高まっている。写真は、ロヒンギャ族を支援する集会で、ミャンマー政府とスー・チー氏を批判する人たち。インドネシア首都ジャカルタのミャンマー大使館前で4日撮影(2017年 ロイター/Darren Whiteside)

イスラム系少数民族ロヒンギャに対する暴力が続くミャンマーでは、この10日余りで約12万5000人が隣国バングラデシュへ避難する事態に発展。沈黙を続けるアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に対し、世界から圧力が高まっている。

国連のグテレス事務総長は安全保障理事会に対して、民族浄化と地域不安定化のリスクを警告。ミャンマーでの暴力が「人道主義的大惨事」に陥る可能性があるとの懸念を表明した、異例とも言える書簡のなかで、抑制と冷静さを強く求めるよう促した。

ロイター記者は5日、新たな数百人規模の疲れ切ったロヒンギャ族が、ボートで国境近くのバングラデシュの村シャムラプールに到着するのを目撃した。この大脱出の終わりが今なお見えないことを示している。

国際移住機関(IOM)は緊急に人道支援を増やす必要があると指摘。新たに到着するロヒンギャ族支援のために、IOMと関連機関は向こう3カ月で1800万ドル(約19.5億円)の資金不足に直面していることを明らかにした。

インドネシアのルトノ外相は、バングラデシュ首都ダッカで同国のハシナ首相と会談後、インドネシア政府はバングラデシュを支援する用意があると表明。「この人道危機を終わらせなくてはならない。繰り返して言いたい。この人道危機を終わらせなくてはならない」と、前日にミャンマーを訪問していた同外相は記者団に語った。

事の発端は、ミャンマー北西部ラカイン州で8月25日、ロヒンギャ族の武装勢力が警察署や軍基地を相次いで襲撃したことだった。その後に発生した衝突や軍の反撃により、これまでに少なくとも400人が死亡、バングラデシュに避難するロヒンギャ族の大脱出を引き起こした。

ミャンマー当局は、家屋に火を放ち市民を殺害したとして、ロヒンギャ族の武装勢力を非難。その一方で、人権監視団体やバングラデシュに逃れたロヒンギャ族は、ミャンマー軍が放火や殺害を行い、彼らを追い出そうとしていると証言する。

ニュース速報

ワールド

米朝対話、北朝鮮の非核化につながることが必要=ホワ

ビジネス

米政権が北朝鮮に大規模制裁、海運会社など対象 「第

ビジネス

1月の中国新築住宅価格、前月比+0.3% 1級都市

ビジネス

パウエルFRB議長の議会証言に注目=今週の米株市場

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月