最新記事

ファッション

マーガレット・ハウエル、ミニマリズムの女王と日本の意外な関係

Don't Shout, Seduce

2017年8月19日(土)15時00分
ダニエル・デメトリオ

ハウエルはファッションではなくスタイルを演出していると語る(写真は14年のロンドンコレクション) Suzanne Plunkett-REUTERS

<シンプルで上質なライフスタイルを表現する、ハウエル独自の美学の背景には日本との深い関係があった>

今から40年前、マーガレット・ハウエルはロンドンのサウス・モルトン・ストリートに、自身の名前を冠した最初のショップを開いた。彼女が生み出す服は多くの男女に愛され、世界的なビジネスに成長したが、出発点となったオープニングイベントは地味なものだった。

はるか遠い思い出だが、簡素な内装を自分で手掛けた喜びは色あせていないと、ハウエルは言う。彼女にとって、それは当時の「高級志向のあでやかな装い」への解毒剤だった。

ハウエルは常にシンプルさと洗練を追求し続けている。ミニマリズムの美学は今でこそ一般的だが、華やか志向の70年代にはむしろ急進的だった。

仕立てと伝統的な素材へのこだわりは、まさに英国流。本物のアイリッシュリネン、天然100%のウール、ハリスツイード。ハウエルの服は上質の食事のように、信頼性と親しみやすさで心を和ませる。

10年前からは機能的なシンプルさの哲学を家庭用品にも広げ、ティーポットや繊維製品、椅子などを手掛けている。ランプのアングルポイズや木工家具のアーコールなど、イギリスの老舗メーカーから限定デザインも出している。

【参考記事】<写真特集>公務引退の英王室フィリップ殿下、帽子にみる装いの粋

ヨーロッパではイギリスの9店舗のほか、フランスやイタリアなどに21店舗を構える。アメリカではバーニーズ・ニューヨークなどで取り扱っている。

日本での人気は、かのマーサ・スチュワートも羨むほど。カフェ併設のショップを含め102店舗を展開している。

ハウエルは東京のオフィスにあるプレスルームで(もちろん、白を基調としたミニマルなデザインだ)、自分のデザイン哲学は40年間ずっと変わらないと語る。「品質に決して妥協せずに、進化してきた。40年前と同じ納入業者に頼むときもある」

現在70歳。ストライプのTシャツに黒いパンツを合わせ、足元にはナイキのスポーツシューズ。60年代後半にロンドン大学ゴールドスミス・カレッジで美術を学んだ時代から、驚くほど変わらない自然体だ。

卒業後間もなく、バザーで見つけた1枚の古着――ピンストライプのメンズシャツ――が彼女のキャリアを変えた。着心地の良さと美しいデザイン、上質な生地の完璧な組み合わせに刺激を受け、自宅の台所のテーブルでメンズシャツを作り始めた。

彼女のシャツは、ブランド「ジョゼフ」を創業したクリエーティブディレクター、ジョセフ・エテッドギーの目に留まった。彼の支援を受けて、77年にメンズコレクションの1号店をオープン。80年から始めたレディースは、男女両方の魅力を取り入れている。

ニュース速報

ワールド

首相発言を信頼・支持する=加計問題愛媛新文書で二階

ワールド

原油先物が上昇、ベネズエラの生産が一段と減少する可

ワールド

首相と加計理事長、愛媛県文書の面会記録確認できず=

ワールド

イランに「史上最強」制裁も、米国が核放棄など12項

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得には…

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 10

    「北の急変は中国の影響」なのか?──トランプ発言を…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月