最新記事

英王室

グーグルで最も検索されたハリー王子の彼女 誹謗中傷を超えたバースデー

2017年8月4日(金)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

左がハリー王子と交際中の女優メーガン・マークル (c)E! News / YouTube

<メーガン・マークルを巡る報道はここまで様変わり。これもハリー王子の力なのか、36歳の誕生日を控え、モナコ大公からアドバイスも届いた>

近年、ジョージ王子やシャーロット王女という新しいメンバーが加わったこともあり、一段と賑やかさを増したイギリス王室。特に、これまでどちらかというと王室の悩みの種ともされていた、ヘンリー王子(通称 ハリー王子)が、「心の問題」をカミングアウトし、母ダイアナの死のショックから立ち直る様子は注目されている。そして、これを支える女性がいるとしたら、世間が放っておくわけがない。

【参考記事】シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉えた初お辞儀
【参考記事】キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花嫁じゃなかった

グーグルで最も検索された女性

ハリー王子の彼女、メーガン・マークルの名前を聞いても、なかなかピンと来ないかもしれない。2人の交際が公になったのは、2016年10月。ニュースサイト「Us Weekly」によると、マークルはこの時すでにチャールズ皇太子に紹介され、お墨付きを得ていた。

(メーガン・マークル)


ただ問題もあった。テレビドラマや舞台を中心に女優として活躍していたマークルは、英王室にふさわしくないとする声があった。マークルは、白人の父とアフリカ系アメリカ人の母親のもとに生まれたハーフで、年齢はハリー王子の3歳上で結婚歴がある。

年も終盤に差し掛かった時期のニュースにも関わらず、特ダネ級の衝撃を与えたマークルは、2016年にグーグルで最も検索された女性になった。

【参考記事】ヘンリー王子の全裸掲載は自粛すべきか

ニュース速報

ワールド

高齢者医療2割負担、議論煮詰まっており結論出す時期

ワールド

バイデン次期米大統領、ファウチ氏にコロナ対策顧問就

ビジネス

楽天株が6%超安、NTTドコモの新料金プラン発表を

ワールド

米、ファーウェイCFOの帰国認める取り決めを協議中

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    世界が前代未聞の公的債務の波に襲われても破綻しな…

  • 6

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 7

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 8

    ステーキ、フォアグラ...どんなに食べても「食べ放題」…

  • 9

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期…

  • 10

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティスト…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 4

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 5

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 8

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 9

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 9

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 10

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月