最新記事

中国

中国が「くまのプーさん」を検閲で禁じたもう1つの理由

2017年7月19日(水)19時31分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

英フィナンシャル・タイムズはサイトで、習近平とバラク・オバマ、プーさんとティガーの写真を組み合わせて掲載した

<習近平国家主席と似ているディズニーの人気キャラクターが中国で禁止された。確かに共産党大会が秋に近づいており、中国では政治的に敏感な時期だが、なぜ今だったのか>

ぽっこりしたお腹、のんびりした性格だけど蜂蜜には目がなくて、クリストファー・ロビンの永遠の友達――イギリスの児童作家A・A・ミルンが生み出し、ディズニーのアニメーションで有名になった「クマのプーさん」は、世界中で愛されるキャラクターだ。ただし、中国以外で。

英フィナンシャル・タイムズは7月16日、中国のソーシャルメディア新浪微博(Sina Weibo)でプーさんの中国語訳である「維尼熊(ウェイニーション)」や「小熊維尼(シアオションウェイニー)」といった言葉が検索できないNGワードになっている、と報じた。微信(WeChat)でもプーさんのGIFが削除された。

かわいいプーさんがネットから消された原因ははっきりしない。ただ、思い当たる原因が1つある。その容姿があまりに習近平(シー・チンピン)国家主席に似ている点だ。

今年秋、中国は5年に1回の共産党大会を迎える。近づく政治の季節を前に、政府高官たちが何かと過敏になり、「ネット検閲がエスカレートしている」「『主席について何も語るな』が新たな鉄則になっている」と、フィナンシャル・タイムズは書いた。いわば、中国共産党版「忖度」だ。

「プーさん」が削除されたのは初めてではない

実際、政治の季節は早くも暴風雨の様相を見せ始めている。次期トップ候補の1人とみられていた重慶市党書記の孫政才(スン・チョンツァイ)が7月15日に失脚し、党の規律に違反して調査を受けている、と米ブルームバーグが報じている。

【参考記事】次期国務院総理候補の孫政才、失脚?----薄熙来と類似の構図

ただし、「習とプーさん」が騒ぎになったのは今回が初めてではない。2013年の米中首脳会談では、習とバラク・オバマ米大統領(当時)が並んで歩く姿がプーさんと相棒のティガーにそっくりだと中国ネットユーザーの話題になり、検閲の対象になった。

2015年に北京で行われた第二次大戦終結70周年の軍事パレードでは、車に乗って中国軍の兵士を検閲する習が車に乗ったプーさんのおもちゃに例えられ、やはり削除された。

確かに政治的に敏感な時期は近付いているが、なぜこのタイミングなのかは不明だった。ただ、その謎を解くカギは最近、世界的に話題になった中国人にあるのかもしれない。

劉暁波が「プーさん」マグカップで妻と乾杯

あるツイッタ―ユーザーは7月18日、「中国がプーさんを禁止したもう1つの理由」という書き込みをした。

写真には、病室にいるとみられるノーベル平和賞受賞者で反体制活動家の劉暁波(リウ・シアオポー)が妻の劉霞(リウ・シア)とマグカップで乾杯している様子が映っている。2人のマグカップにはどちらもプーさんの顔が描かれている。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月