最新記事

ドラマ

再び『ツイン・ピークス』の迷宮へ

2017年6月14日(水)10時00分
ローラ・ミラー

殺人犯ボブに体を乗っ取られた特別捜査官クーパーの魂はブラック・ロッジから出られずにいる SHOWTIME/YOUTUBE

<25年の時を経て復活したカルト的人気ドラマの続編は、オリジナル版にも増してデービッド・リンチのシュールな世界が全開>

TVドラマ『ツイン・ピークス』がアメリカで初放送されたのは90~91年のこと。カナダに近い田舎町ツイン・ピークスで起きた女子高生殺人事件をきっかけに、町の人々の複雑な人間関係が暴かれていく――と言えば単純に聞こえるが、物語は異様な展開を見せていく。

ツイン・ピークスの森の奥には、死者の魂と生者の魂が交流する場所ブラック・ロッジへの入り口がある。赤いカーテンに囲まれたその空間では、小さな男が奇妙なダンスを踊り、巨人が謎めいた助言をくれる。一方、殺人犯ボブの魂は、別の人間の体を乗っ取って、新たな殺人を犯していく......。

そんなドラマが、米3大ネットワークのABCでゴールデンタイムに放送されたものだから、大きな話題(と議論)になったのは言うまでもない。映画監督のデービッド・リンチが製作総指揮・演出を手掛けたことも、映画監督がテレビドラマを手掛けるトレンドの先駆けとなった。

あれから25年(と1年)。殺されたローラ・パーマー(シェリル・リー)がブラック・ロッジで、「25年後に会いましょう」と言ったとおり、『ツイン・ピークス』が戻ってくる。

今度はケーブルテレビ局ショータイムの放送で、ABCのような制約が少ないせいか、『ツイン・ピークス The Return』では、オリジナル版以上にリンチのシュールな世界が全開だ(日本ではWOWOWで7月22日から放送予定)。

実際、オリジナル版でリンチが演出を手掛けたのは2シーズン30話中6話だけだったが、今回は全18話を手掛けるという。そして今回も、マーク・フロストがリンチと共に製作と脚本を担当している。

【参考記事】トランプ時代に『24』が帰ってきた

25年前のファイルを開いて

FBI特別捜査官のデイル・クーパー(カイル・マクラクラン)は、オリジナル版の最終回でボブに体を乗っ取られてしまったため、その魂はブラック・ロッジから出られずにいる。一方、ボブに乗り移られた悪人クーパーは、日焼けした顔に長髪で、サウスダコタ州でごろつきのような生活を送っている。

ツイン・ピークスの懐かしい面々は健在だ。保安官事務所の秘書ルーシー(キミー・ロバートソン)は、気弱な警部補アンディ(ハリー・ゴアス)との間に24歳の息子がいる。

アメリカ先住民のホーク(マイケル・ホース)は、ツイン・ピークス警察の副署長になっていて、いつも丸太を抱いている女性(キャサリン・E・コールストン)から電話をもらう。そこで25年前のローラ・パーマー殺人事件のファイルを見直さなければならなくなる。

どこまでも続く森や、ぽつんと立つ踏切、随所に織り込まれるラジオが壊れたような機械音など、『ツイン・ピークス The Return』には、オリジナル版と同じように意味深で視聴者を不安にさせるショットがちりばめられている。

同じことは物語のペース配分にも言える。第1話の冒頭で、精神科医ローレンス・ジャコビー(ラス・タンブリン)は段ボール箱を受け取る。彼がその箱からシャベルを取り出すシーンは1分近い。さらにジャコビーがシャベルにスプレーで色を塗るシーンは3分近く続く。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:米零細マスクメーカー、「在庫の山」抱え存

ビジネス

セブン&アイの米コンビニ買収「違法の恐れ」、規制当

ビジネス

バイデン氏の増税案、影響被る中小企業は3%未満の見

ビジネス

米国株式市場=ダウ続伸360ドル高、週間では2月下

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 3

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマーの外資系企業、国軍が土地所有のビルから立ち退く

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 7

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 8

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 9

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 10

    米物価上昇が意味すること

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 7

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

  • 8

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 9

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 10

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月