最新記事

ドラマ

再び『ツイン・ピークス』の迷宮へ

2017年6月14日(水)10時00分
ローラ・ミラー

殺人犯ボブに体を乗っ取られた特別捜査官クーパーの魂はブラック・ロッジから出られずにいる SHOWTIME/YOUTUBE

<25年の時を経て復活したカルト的人気ドラマの続編は、オリジナル版にも増してデービッド・リンチのシュールな世界が全開>

TVドラマ『ツイン・ピークス』がアメリカで初放送されたのは90~91年のこと。カナダに近い田舎町ツイン・ピークスで起きた女子高生殺人事件をきっかけに、町の人々の複雑な人間関係が暴かれていく――と言えば単純に聞こえるが、物語は異様な展開を見せていく。

ツイン・ピークスの森の奥には、死者の魂と生者の魂が交流する場所ブラック・ロッジへの入り口がある。赤いカーテンに囲まれたその空間では、小さな男が奇妙なダンスを踊り、巨人が謎めいた助言をくれる。一方、殺人犯ボブの魂は、別の人間の体を乗っ取って、新たな殺人を犯していく......。

そんなドラマが、米3大ネットワークのABCでゴールデンタイムに放送されたものだから、大きな話題(と議論)になったのは言うまでもない。映画監督のデービッド・リンチが製作総指揮・演出を手掛けたことも、映画監督がテレビドラマを手掛けるトレンドの先駆けとなった。

あれから25年(と1年)。殺されたローラ・パーマー(シェリル・リー)がブラック・ロッジで、「25年後に会いましょう」と言ったとおり、『ツイン・ピークス』が戻ってくる。

今度はケーブルテレビ局ショータイムの放送で、ABCのような制約が少ないせいか、『ツイン・ピークス The Return』では、オリジナル版以上にリンチのシュールな世界が全開だ(日本ではWOWOWで7月22日から放送予定)。

実際、オリジナル版でリンチが演出を手掛けたのは2シーズン30話中6話だけだったが、今回は全18話を手掛けるという。そして今回も、マーク・フロストがリンチと共に製作と脚本を担当している。

【参考記事】トランプ時代に『24』が帰ってきた

25年前のファイルを開いて

FBI特別捜査官のデイル・クーパー(カイル・マクラクラン)は、オリジナル版の最終回でボブに体を乗っ取られてしまったため、その魂はブラック・ロッジから出られずにいる。一方、ボブに乗り移られた悪人クーパーは、日焼けした顔に長髪で、サウスダコタ州でごろつきのような生活を送っている。

ツイン・ピークスの懐かしい面々は健在だ。保安官事務所の秘書ルーシー(キミー・ロバートソン)は、気弱な警部補アンディ(ハリー・ゴアス)との間に24歳の息子がいる。

アメリカ先住民のホーク(マイケル・ホース)は、ツイン・ピークス警察の副署長になっていて、いつも丸太を抱いている女性(キャサリン・E・コールストン)から電話をもらう。そこで25年前のローラ・パーマー殺人事件のファイルを見直さなければならなくなる。

どこまでも続く森や、ぽつんと立つ踏切、随所に織り込まれるラジオが壊れたような機械音など、『ツイン・ピークス The Return』には、オリジナル版と同じように意味深で視聴者を不安にさせるショットがちりばめられている。

同じことは物語のペース配分にも言える。第1話の冒頭で、精神科医ローレンス・ジャコビー(ラス・タンブリン)は段ボール箱を受け取る。彼がその箱からシャベルを取り出すシーンは1分近い。さらにジャコビーがシャベルにスプレーで色を塗るシーンは3分近く続く。

ニュース速報

ビジネス

20年の独GDP成長率見通し、1.0%に引き下げ=

ワールド

英EU離脱巡る不透明性解消、世界経済に恩恵=世銀総

ビジネス

世界金融当局、「リブラ」など暗号通貨禁止せず=EC

ワールド

米中通商部分合意の達成へ弾み、FRBは正しい方向=

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月