最新記事

テロ

悲しみのアリアナは里帰り ロンドン公演中止で業界に波紋

2017年5月25日(木)18時25分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

マンチェスターの街中に残るアリアナのポスター Marcos Brindicci-REUTERS

<アリアナはフロリダ州の実家に帰り、ロンドン公演は中止。テロのせいで、あのスーパースターのコンサートもキャンセルか...>

英マンチェスターで発生した自爆テロ事件を受けて、人気歌手アリアナ・グランデの6月上旬までの公演が中止になった。24日、所属事務所のユニバーサル・ミュージックが発表した。歌手ジャスティン・ビーバーの公演スケジュールにも影響が出るかもしれない。

【参考記事】ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもしれない

ユニバーサル傘下のリパブリック・レコードは声明で、「マンチェスターの悲劇的事件について、我々が状況をより理解し犠牲となった方に十分な弔意を払えるまで公演を見合わせる」と説明。25、26日のロンドン公演と、その後に予定されていたベルギー、ドイツなどの公演が中止になり、6月7日の仏パリ公演から再開される見通しだ。

(犠牲者の多くが10代の若者で、最年少は8歳の女の子。)


今回のテロ事件は、昨年5月にリリースされたアリアナのアルバム「デンジャラス・ウーマン」を携えたツアー「Dangerous Woman Tour」の最中に起こった。8月12、13日には日本公演も予定されている。

【参考記事】アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者多数

事件直後アリアナは「打ちひしがれています」とツイート。英デイリーメール紙はウェブサイトに、家族が住むアメリカ・フロリダ州ボカラトンの空港に到着し、プライベートジェットからうつむいて降りるアリアナの姿を掲載。迎えに来た親族や交際相手のラップ歌手マック・ミラーと抱き合い、車に乗り込む様子が伝えられた。


精神的に大きなショックを受け、いまは犠牲者の追悼が最優先で「ツアーには集中できない」という。関係者の話としてエンターテイメント・ウィークリー誌が報じた。

【参考記事】米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑者の氏名 英捜査当局より先に


エンタメ界にも影響が

事件の影響は他のアーティストの活動にも波紋を及ぼしている。6月下旬からロンドンでの公演を予定している歌手ジャスティン・ビーバーのファン達が、中止を求める声を上げた。

アリアナとビーバーのマネージャーを務めるスクーター・ブラウンのSNSアカウントには、テロの再発を危険視し、安全を優先して公演を取り止めるよう懇願する投稿が1000件以上寄せられた。ビーバーのロンドン公演が中止になるか、現在のところ定かではない。

(危険だから、ロンドン公演を中止して。どうか、心からお願いします。)

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    世界に誇る『ゴジラ』シリーズ化の原点は、1955年公…

  • 10

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月