最新記事

英王室

ヘンリー王子が心の問題を告白 その背景にあるものとは

2017年4月24日(月)15時45分
松丸さとみ

Reuters / Matthew Childs

英国のヘンリー王子(通称ハリー王子)が、母親であるダイアナ妃の死をきっかけに感情をすべて押し殺し、心の問題を抱えていたと告白して世界中で話題になった。ダイアナ妃の事故死からまもなく20年となる今、心の内を明かした王子の思いの背景には何があるのか。

感情を殺しボロボロな状態へ

ハリー王子が心の内を明かしたのは、デイリー・テレグラフとのインタビューだった。テレグラフの新しいポッドキャスト「マッド・ワールド」に初回ゲストとして登場した時だ。これまで英国王室のメンバーが自らの精神状態について語ることはなかったため、極めて異例のインタビューとなった。

全10回のシリーズとなる「マッド・ワールド」は、心の問題に関する経験をさまざまな人たちに話してもらい、心が病むのは至って普通である、というメッセージを発信することを目指している。

インタビューでは、12歳の時に母親を亡くした王子が、その後28歳になるまでずっと自分の感情を殺して無視してきたこと、兄のウィリアム王子など周囲の助言もあり28歳の時に精神分析医とのカウンセリングを受けたこと、その後2年にわたり心の重荷を下ろす過程でボロボロの状態が続き、30歳を過ぎてやっといい状態になったことなどを赤裸々に語っている。

RTR68FEa.jpg

ダイアナ妃(当時)、ハリー、ウィリアム両王子とチャールズ皇太子(1995年9月) Reuters

実はこのインタビューは、単にハリー王子の心の内を明かした「特ダネ記事」というわけではなかった。ハリー王子と兄のウィリアム王子、そしてウィリアム王子の妻キャサリン妃の3人が立ち上げた慈善事業「ヘッズ・トゥゲザー」を推進する試みでもあった。

インタビュー中でも王子が説明していたが、「ヘッズ・トゥゲザー」は心の病気にまつわる「汚名」や「恥」といった偏見を取り払い、人々がもっと気軽に自分の感情について話し、相談できる環境を作ることを目的としている。

4人に1人が心の問題を抱える英国

王室が「ヘッズ・トゥゲザー」のような活動を行い、テレグラフという大手新聞社が「マッド・ワールド」のような特集を組むその背景には、心の問題を取り巻く英国の厳しい状況がある。

ガーディアンが伝えた英国国家統計局の調査によると、16〜24歳の女性の4人に1人が、不安やうつなど何らかの心の問題を抱えている。男性は6人に1人の割合だ。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 2

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 3

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 8

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 9

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月