最新記事

発想術

アイデアのプロが愛用する考具「マンダラート」とは何か

2017年4月4日(火)18時12分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

M_a_y_a-iStock.

<アイデアを出すときには、数を限定せずいくつでも出すこと。そのために役立つのが、脳を縦横無尽に活躍させてくれる「マンダラート」だ。アイデア本のロングセラー『考具』から>

ビジネス書の世界には、定番と呼ばれるものがある。古い本なのに内容が古びず、読者のニーズに応え続ける"はずさない"本。いわゆるアイデア本でいえば、『考具』(加藤昌治著、CCCメディアハウス)が有名だ。2003年に刊行され、15万部のロングセラーとなっている。

といっても「考具(こうぐ)」なんて知らない、という人も少なくないはず。これまでアイデア本を手に取る人は、企画などを仕事にしている人が主だったからだ。

時代は変わった。右肩上がりの経済成長は消え去り、多くの業界が激しい競争にさらされるなか、ビジネスパーソン1人1人の「考える力」がより一層問われるようになってきた。さらに今後は、人工知能(AI)の発展により、単純作業など、多くの仕事が失われるとも言われている。

そこで人間に残された生き残る道は......などと小難しいことを考えずとも、これだけは確かだ。ビジネスの世界で生きていくのに、考えるための道具(=考具)があるに越したことはない。

このたび、『考具』のサブテキストとして基礎編『アイデアはどこからやってくるのか』と応用編『チームで考える「アイデア会議」』(いずれも加藤昌治著、CCCメディアハウス)が刊行されたのを機に、『考具』から一部を抜粋し、5回に分けて転載する。第3回は【考具その9】マンダラート。

※第1回:「今日は赤」と意識するだけ 「カラーバス」で見える世界が変わる
※第2回:お客さんの気持ちを「考える」ではなく「演じて」みたら?

◇ ◇ ◇

【考具その9】マンダラート

シンプルなフォーマットから不思議なほどアイデアが出てくる

 アイデアを出すときには、数を限定せずいくつでも出すこと、とこれまで繰り返してきました。一直線ではなく四方八方、放射状に展開していくイメージです。そうした頭の動き方をトレースしたかのような考具があります。「Mandal-Art」(マンダラート)。頭の中にある情報やアイデアのヒントをグイグイ引っ張り出してくれます。わたしが数年にわたり愛用しているフォーマットです。紙の手帖、パソコン版、パーム版と揃っていまして、わたしは手帖とマッキントッシュ版をメインに使っています。

 まずは次のページの図を見てください(※本記事では割愛)。大きな正方形の中が区切られて9つのセルになっています。これをマンダラと呼ぶのですが、このシンプルな形の上で、あなたの脳が縦横無尽に活躍するから不思議です。

 真ん中にテーマを書きます。自分への問いかけです。お試しでやってみましょうか。周りにマグカップはありませんか? マグカップの新商品企画についてのアイデアを出さなければいけない、としましょう。マグカップ? 難問です。

 マンダラの中心のセルに「マグカップ?」と書いてみます。そして、その問いかけに対する答え、この場合なら新商品企画の手がかりになりそうなことを周辺のセルに埋めていきます。

「取っ手」
「カラーリングの多さ」
「飲み口の薄さ」
「かわいいイラスト」......といった具合。

 マンダラの周辺セルは8つあります。なんとか、ここを全部埋めてみてください。

 いま4つですね。あと4つ。

「価格」
「頑丈さ」

 あと2つ。

 ちょっと疑問だけど「洗いやすさ」。あと1つ。

 とりあえず「重さ」!

 ちょっと苦しくなっても、とにかく8つ埋めてください。

 埋まりましたか? 全部埋めることで、商品コンセプト=切り口が8つも登場したことになりますよ。これが横罫のノートだったら、8つも出てきたでしょうか?

 8つのセルを埋めるという少しばかりの強制力が働くと、頭が必死になって回転を始めるのです。ここで、8つのうちどの切り口が有望なのかを選択することもできますが、今はさらに商品のアイデアを探しに行きます。

kougubook170404-sub.jpg

『考具』(CCCメディアハウス)より

ニュース速報

ワールド

サウジ記者死亡は「極悪な殺人」、真相解明へ=トルコ

ビジネス

イタリア、予算案修正せず 赤字増やさない方針もEU

ワールド

中米移民北上は国家の非常事態、軍などに警戒指示=米

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 10

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月