最新記事

テクノロジー

ロシア初の人型ロボットは2丁拳銃使い

2017年4月20日(木)16時20分
トム・オコーナー

ロシア版ターミネーター? Russian Army/YOUTUBE

<拳銃を撃つだけでなく、都市での自律的な移動や自動車の運転、特殊な道具の操作、応急手当などもできるという>

ロシアの技術系企業と軍事研究所が手を組み、人間のように銃を操るロボットを開発した。開発者たちは、このロボットを宇宙に送る計画だ。

FEDOR(フョードル、Final Experimental Demonstration Object Research:「最終実験実証物体研究」の略)と呼ばれるこの未来的な拳銃使いは、もともとはロシア企業アンドロイド・テクニクスと、政府機関のロシア発展的研究基金により、捜索や救助といった任務を念頭に開発された。ロシア政府の要請で実施されているプロジェクトで、ロシア初の「人型ロボット」をめざしている。

【参考記事】ロシア警察、人型ロボットを逮捕?

「戦争用ではない」

ロシア発展的研究基金のアンドレイ・グリゴリエフ総裁は先週、ロシア国営のRIAノボースチ通信社に対し、「FEDORは、救出作戦のように危険の大きい分野で人間の代わりになるアンドロイドとして設計されている。その目的を達成するには、都市環境での自律的な活動や移動、自動車の運転、特殊な道具の操作、応急手当などのアクションを教える必要があった」と語った。


FEDORは、ロシアのドミトリー・ロゴジン副首相の称賛を浴びた。ロゴジンはツイートで、このロボットの「判断力と運動能力」を褒め称え、ロシアは「ターミネーターではなく、さまざまな分野で実用的な意義を持つ人工知能を開発している」と述べた。翌日には、FEDORが2丁の拳銃を両手に持ち、標的を撃つ様子を映した動画をシェアしている。

腕立て伏せも

FEDORの能力は、2丁の拳銃を撃つだけにとどまらない。高度なプログラミングにより、自動車の運転操縦などの複雑なタスクや、腕立て伏せなど、さまざまなフィットネスエクササイズもこなす。

ロシア政府は、このロボットを宇宙に送る計画を立てている。オーストラリア「ナイン・ニュース」の報道によれば、2021年にロシアの宇宙船「フェデラーツィヤ」の唯一の乗員として乗り込む予定だという。

【参考記事】【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」となるリスク、英科学者が警鐘

だが、まだ改良も必要だ。ロシア発展的研究基金は先週、ロシア教育科学省と共同でコンテストを開催すると発表した。同基金のグリゴリエフによれば、このコンテストの目的は、FEDOR用のハイテクソフトウェアを開発する能力を持つプログラマーを見つけること。ロシアの大学生、大学院生、研究者、大学教授、制作チームが参加できるこのコンテストは、5月からスタートし、2018年2月28日まで続く見込みだ。

(翻訳:ガリレオ)

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 3

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 9

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月