最新記事

日中関係

習近平が言及、江戸時代の日本に影響を与えたこの中国人は誰?

2017年3月15日(水)16時07分
舛友雄大(アジア・ウォッチャー)

呼応するように、隠元僧師を顕彰する動きが日本にも広がってきている。

「数十年来の夢が実現した」。隠元僧師が日本滞在の最初の1年を過ごした長崎・興福寺住職の松尾法道さんは、興奮冷めやらない様子でそう語る。昨年1月、中国側の招待で、念願の黄檗山萬福寺への訪問が実現した。先代の住職も萬福寺を訪れたがっていたが、先先代の住職が盲人であったため実現しなかったという。この1年程で急に「隠元ブーム」がやってくるとは思いもしなかった。

2016年8月、中国から200名の仏教関係者が隠元僧師の足跡をたどり、豪華客船に乗って長崎に来た。また、千葉在住の陳熹さんは、隠元僧師と同郷ということもあり、同年11月に一般社団法人黄檗文化促進会東京事務所を立ち上げ、自費で活動を始めた。日本で黄檗文化を広めるのが目的だという。

京都は中国人観光客であふれかえっているが、隠元僧師が眠る宇治・萬福寺ではまだまだ人もまばらだ。中国語の標識ひとつたっていない。だが、没後350年にあたる2023年の法要では「中国側からも参加者を呼ぶ」(盛井幸道・萬福寺執事長)意向だ。

2017年、2018年は、それぞれ日中国交正常化45周年、日中平和友好条約締結40周年にあたり、本来であれば、日中首脳の相互訪問が実現する年だ。中国の習近平国家主席が日本にやってくる場合、長崎や京都にある隠元ゆかりの寺を目的地の候補とする可能性はなきにしもあらずではないだろうか。

【参考記事】20世紀前半、帝都東京は中国人の憧れの街だった

実際、胡錦濤国家主席(当時)は2008年の訪日中に唐招提寺(奈良)を訪問するなど、歴代の中国要人訪日では、地方都市で中国と縁のある場所を訪れることが慣例となっている。特に、習近平氏は2001年の省長時代に長崎県を訪問したことがあり、1998年から2010年まで長崎県知事を務めた金子原二郎・現参議院議員とはこれまで5度も会見している。

近代日本において、「インゲン豆」として名前に残っているだけで、隠元僧師が大きな注目を集めることはなかった。この忘れられた僧師が再び日中で注目される日はそう遠くないかもしれない。

[筆者]
舛友雄大
2014年から2016年まで、シンガポール国立大学リー・クアンユー公共政策大学院アジア・グローバリゼーション研究所研究員。カリフォルニア大学サンディエゴ校で国際関係学修士号取得後、調査報道を得意とする中国の財新メディアで北東アジアを中心とする国際ニュースを担当し、中国語で記事を執筆。今の研究対象は中国と東南アジアとの関係、アジア太平洋地域のマクロ金融など。これまでに、『東洋経済』、『ザ・ストレイツタイムズ』、『ニッケイ・アジア・レビュー』など多数のメディアに記事を寄稿してきた。

ニュース速報

ビジネス

アルケゴス問題は大変残念、教訓の洗い出しが必要=金

ワールド

日韓首脳会談、日本が一方的にキャンセルとの事実は全

ワールド

アングル:途上国に「ワクチン10億回分」、新規表明

ワールド

情報BOX:「目には目を」 中国の反外国制裁法の内

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月