最新記事

交通

水素で走る列車は欧州鉄道の未来形?

2017年1月10日(火)10時40分
アンソニー・カスバートソン

COURTESY ALSTOM

<ドイツのローカル線に今年登場する燃料電池が動力源の新型列車は、ディーゼル機関車のクリーンな代替となるか>(写真:仏アルストムが製造する水素燃料電池列車)

 かつて蒸気機関車が走っていた線路をディーゼル機関車が走るようになり、ついには電化される――それが鉄道の進化の流れだとすれば、欧州に今も多く残るディーゼル区間も、将来的には電化されることになる。

 だがドイツで近くお目見えするのは、水素を使った燃料電池を動力とする新型列車だ。17年12月、ドイツ国内の一部ローカル線では、高速鉄道車両メーカーの仏アルストムが製造する「コラディア・アイリント」が運行を始める計画だ。同社のアンリ・プパルラファルジュCEOは「クリーンな交通機関という分野に革新的な新技術を投入できることを誇りに思う」と述べた。

 アルストムによれば、コラディア・アイリントはこれまでローカル線を走っていたディーゼル車と同等の走行能力を持つ。しかも排ガスや二酸化炭素を排出せず、さらに燃料となる水素は化学工場から副産物として排出されたものを利用する。

 ディーゼルエンジンを使わないため、騒音がかなり軽減されるメリットもある。これは乗客にとっても、沿線住民にとってもありがたいことだ。

【参考記事】最適な生育環境を「コピペ」して栽培できる農業技術「フード・コンピュータ」

 水素燃料電池列車は、ドイツ北西部ニーダーザクセン州の約100キロの区間を走る予定だ。計画が順調に進めば、さまざまな可能性が生まれそうだ。今でもなお、欧州の鉄道網のかなりの部分は電化されておらず、アルストムによればドイツだけで4000両ものディーゼル車が走っている。

 水素燃料電池列車の運行は、完全電化が現実的でない区間に電化とほぼ同等の恩恵をもたらす貴重な機会となるかもしれない。コラディア・アイリント導入のハードルを下げるため、アルストムでは車両製造から保守、水素の供給インフラ整備までをまとめて請け負う計画だ。

 ニーダーザクセン州での運用がうまくいった暁には、ドイツの他の州でもコラディア・アイリントの導入が相次ぎそうだ。デンマークやオランダ、ノルウェーといった国々も関心を示している。

 燃料電池列車の運行を始める場所としてドイツは理想的な条件がそろっている。化学工業が盛んなおかげで、既に長大な水素パイプラインのインフラが存在する。2023年までに、燃料電池自動車向けに400カ所を超える水素ステーションを整備する計画もある。

 水素で走る列車が欧州で当たり前の風景になる日も、そう遠くはないのかもしれない。

[2017年1月10日号掲載]

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 2

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 3

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「大学には行かれない」「子どもは欲しくない」

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    小学校がHIV感染児童14人を強制退学 インドネシア、…

  • 10

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月