最新記事

ファッション

2016年秋冬から始まる「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」にパリジャンも注目

2016年8月9日(火)18時26分
粟野真理子(パリ)※Pen Onlineより転載

ユニクロの新ライン「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」は、今年の9月頃に店頭に並ぶ。

 7月、日本での新作発表会に先立って、パリのユニクロ・パリ・デザインセンターでお披露目されたユニクロの新ライン「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」。デザインセンターのアーティスティックディレクターに、クリストフ・ルメールが就任したことは、パリのファッション好きでの間でも話題になっています。ユニクロのパリ・オペラ店は、常に激混み状態。「Uniqlo U」の発売が店頭でスタートしたら、混乱すること間違いなしでしょう。

(参考記事:「ディースクエアード」による、カナダ選手団の2016年オリンピック制服がイケてます!

pen160809-2.jpg

パリのアトリエ。ルメールのクリエイションは、ここから生まれる。

「Uniqlo U」は、2016年秋冬から全世界のユニクロで発売されます。ルメールはこれまでに、ラコステやエルメスのアーティスティックディレクターなどを歴任。過去にユニクロとのコラボも行い、ユニクロとの強い関係を築いています。すでに世界感を共有しているため、クリエイションの足並みも揃っている印象。そのため、オリジナルのユニクロ・ブランドのDNAを踏襲しつつ、クリストフ・ルメールのエッセンスをちりばめた、タイムレスで、細部にこだわった完成度の高いライフウエアに仕上がっています。ホワイトやライトグレー、ブルー、カーキ、キャメルなど、ルメールらしい優しい色づかい、肌なじみのいいカッティングや縫製、素材、機能性をとことん追求。いまの時代感を反映した、格好よくてファンクショナルなライフウエアは、ユニクロに新たな価値を与えてくれそうですね。

(参考記事:有名メゾンも惚れた"メイドインジャパンの雄"が動いた! 究極のニットブランド「991」はなにが凄い?

pen160809-3.jpg

細部にもこだわりが。乞うご期待!


●ユニクロ www.uniqlo.com


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

Penonline_logo200.jpg






MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月