最新記事

テクノロジー

草原のゲルに手紙を届ける画期的な「住所」特定システム

2016年7月26日(火)15時30分
ロブ・バーガー

Laurie Noble/GETTY IMAGES

<英単語3つの組み合わせで地点を示し、住所なしでも郵便を届けられる新発想のシステムをモンゴルが導入へ>(モンゴルでは住所がある家に住む人はほんの一部)

 ガンホヤグ・チュルーン・フタグトは、モンゴルの財務副大臣を務めたこともあるひとかどの人物。なのに首都ウランバートルの自宅には、いわゆる「住所」がない。そのため、個人的な郵便物は職場で受け取っている。

 彼がCEOを務める金融持ち株会社アルド・ホールディングズは、半官半民の郵便事業会社であるモンゴル郵便の株主に名を連ねている。それでも会社の住所はない。ただし名の知れた大会社なので、郵便局が場所を間違うことはない。

 実は、家や会社に住所がないというのはモンゴルではよくある話。フタグトいわく、ウランバートルという町は「有機的」に成長を続けており、名前のない街路も多ければ、建物に番地も付いていない。郊外に行くとゲルと呼ばれる伝統的なテント式の住居で暮らす人も多く、この場合ももちろん、住所はない。

 遊牧民に郵便物を配達する際には「~さんの家はどこですか」と散々聞いて回らなければならないし、届くかどうかは運次第だ。

【参考記事】スノーデンが、敵対政府から記者を守るデバイスを開発

 そんな郵便事情も、イギリスのホワット3ワーズ社のおかげで大きく変わりそうだ。同社は全世界のすべての場所を3つの英単語を使って表す方法を編み出した。

 まずは地球の表面を3メートル角の区画に格子状に分割。計57兆個の区画それぞれに英単語を3つつなげた「住所」を割り当てた。例えば、彼らのロンドン本社の入り口は「index.home.raft.」だし、ニューヨークのセントラルパークの南西の角は「cute.seated.joke.」となる。

ニュース速報

ワールド

対ファーウェイで規制を十分活用、安保の脅威=米商務

ビジネス

FRB議長講演、債券市場関係者は失望 利回り上昇へ

ビジネス

午前の日経平均は大幅続落、570円安 米長期金利上

ビジネス

中国、21年成長率目標は6%以上 都市部で雇用創出

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 5

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 8

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 9

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月