最新記事

米大統領選

史上最悪の銃乱射、トランプが「イスラム入国禁止」正当化

2016年6月13日(月)15時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Jim Young-REUTERS

<多数の死傷者が出た今回の銃乱射事件は、現場がゲイクラブだったことや犯人がイスラム系でテロ組織との関係が疑われることなどから、秋の本選に向けた政策論争に影響を及ぼしそうだ。共和党のトランプはさっそく、「イスラム入国禁止」主張の正当化を始めた>(事件現場となったフロリダ州のナイトクラブ)

 バラク・オバマ大統領は、事件発生から数時間で声明を出した。「これはテロ行為で同時にヘイト行為であることは明らかだ。アメリカは悲しみと怒りの中で団結し、国民を守る決意を新たにする」と語った。しかし犯行が国外のテロ組織と関係あるかどうかについては、まだ詳細が不明なため「FBIが適切に捜査を進めている」と述べただけだった。

 また現場がゲイ向けのナイトクラブだったことに関連して、「人種や民族、宗教、性的志向にかかわらず、どのアメリカ人に対する攻撃もアメリカ国民全体への攻撃であり、平等と尊厳を尊重するアメリカの根本的価値観への攻撃だ」と非難し、「いかなるヘイト行為、テロ行為もアメリカとその価値観は変えられない」と、攻撃の標的となったLGBTコミュニティへの連帯を呼び掛けた。

 さらに今回の事件が、「簡単に武器を入手して、学校や教会、映画館、ナイトクラブで人々を銃撃できることをあらためて認識させる」と語り、「これが我々の望む国なのかどうか、判断しなければならない。このまま何もしないというなら、それも判断の一つだ」と、銃規制が喫緊の政治課題だという考えを示した。

【参考記事】内容は腰砕けだった、オバマの「銃規制案」

 大統領選で民主党の候補指名がほぼ確実になっているヒラリー・クリントンもフェイスブックを通じてコメントを発表し、「これはテロ行為で、同時にヘイト行為でもある」と、被害者への連帯を呼び掛けた。さらに「戦争で使用される武器が街中に存在してはならないとあらためて考えさせる事件だ。共に立ち上がり、できることをすべてやる決意をする時だ」と、銃規制の必要性を強調した。

ニュース速報

ワールド

抗マラリア薬とコロナ患者死亡リスク巡る研究撤回、デ

ワールド

トランプ氏、選対顧問らと会合 景気低迷やデモが再選

ビジネス

アメリカン航空、7月に国内便を大幅増便 株価急騰

ワールド

原油価格は小幅高、市場はOPECプラス減産延長に注

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月