最新記事

米大統領選

史上最悪の銃乱射、トランプが「イスラム入国禁止」正当化

2016年6月13日(月)15時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Jim Young-REUTERS

<多数の死傷者が出た今回の銃乱射事件は、現場がゲイクラブだったことや犯人がイスラム系でテロ組織との関係が疑われることなどから、秋の本選に向けた政策論争に影響を及ぼしそうだ。共和党のトランプはさっそく、「イスラム入国禁止」主張の正当化を始めた>(事件現場となったフロリダ州のナイトクラブ)

 バラク・オバマ大統領は、事件発生から数時間で声明を出した。「これはテロ行為で同時にヘイト行為であることは明らかだ。アメリカは悲しみと怒りの中で団結し、国民を守る決意を新たにする」と語った。しかし犯行が国外のテロ組織と関係あるかどうかについては、まだ詳細が不明なため「FBIが適切に捜査を進めている」と述べただけだった。

 また現場がゲイ向けのナイトクラブだったことに関連して、「人種や民族、宗教、性的志向にかかわらず、どのアメリカ人に対する攻撃もアメリカ国民全体への攻撃であり、平等と尊厳を尊重するアメリカの根本的価値観への攻撃だ」と非難し、「いかなるヘイト行為、テロ行為もアメリカとその価値観は変えられない」と、攻撃の標的となったLGBTコミュニティへの連帯を呼び掛けた。

 さらに今回の事件が、「簡単に武器を入手して、学校や教会、映画館、ナイトクラブで人々を銃撃できることをあらためて認識させる」と語り、「これが我々の望む国なのかどうか、判断しなければならない。このまま何もしないというなら、それも判断の一つだ」と、銃規制が喫緊の政治課題だという考えを示した。

【参考記事】内容は腰砕けだった、オバマの「銃規制案」

 大統領選で民主党の候補指名がほぼ確実になっているヒラリー・クリントンもフェイスブックを通じてコメントを発表し、「これはテロ行為で、同時にヘイト行為でもある」と、被害者への連帯を呼び掛けた。さらに「戦争で使用される武器が街中に存在してはならないとあらためて考えさせる事件だ。共に立ち上がり、できることをすべてやる決意をする時だ」と、銃規制の必要性を強調した。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月