最新記事

テロ

息子をISISの自爆テロに差し出すブラックな父

ISIS Father Sends Son to Commit Suicide Bombing in New Video

自爆テロに送り込まれる少年や若者が急増している。親もそれを後押し?

2016年2月23日(火)16時12分
ジャック・ムーア

地獄の業火 これから自爆テロを決行する息子を抱きしめる父親(ISISのプロパガンダ映像より) ISIS MEDIA

 ISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)は、シリア北部の都市アレッポ郊外で、ISISの父親が12歳前後と見られる息子を自爆テロに送り出す様子を収めたプロパガンダ動画を公開した。

 23分間の動画は、ISISが2月19日に配信したもの。そのなかで父は、息子のアブ・イマール・アルオマリから、殉教のための作戦や、自動車を使った自爆テロ訓練の内容を確認している。動画には、ISISの兵士がアルオマリに車の運転と爆弾を起爆する方法を教える映像も入っている。

 映像は、アルオマリがアレッポでシリア政府軍に対して自爆テロを実行したことを示唆する遠目の場面で終了する。

「この自爆テロが、ぼくの最高の瞬間になることを願っている」と少年は事前にカメラに向かって語りかけ、自爆テロを実行するのは父親に説得されからだと述べる。

 タイムズ・オブ・イスラエル紙に引用されている翻訳によると、父は息子の今回の任務についてこう語っているという。「息子の幸福を案じる父親は、地獄の業火から我が身を救うことを許さない」

ISIS支配下で民間人犠牲者1万9000人の地獄、国連報告書

今年死んだ子供は少なくとも21人

 米陸軍士官学校(ウエストポイント)のテロ対策センター(CTC)は2月18日、ISISは「前例のない勢いで次々に子供や若者を投入している」とする内容の報告書を発表した。

 報告書によると、ISISの指導者たちは、少年たちを長期的な視野で大人の戦闘員に育てるという。ただし、逃亡しかねない少年の場合は、「更生と再教育が急務」になる場合もあるという。

 CTCによると、2015年1~7月にかけて、ISISは少なくとも21人の子供に自爆テロをさせた。

ISIS信奉者が「仲間に入れ」とミス・イラクを脅迫

 ISISはプロパガンダ映像のなかで、スパイとして捕まった人質の処刑にも子供を使ってきた。2014年にイラクからシリアにかけての地域を「カリフ(ムハンマドの後継者)の国)」と宣言したISISは、これらの子供たちを「カリフの子」と呼んでいる。

ニュース速報

ビジネス

GE、第1四半期調整後利益は予想上回る 株価6.8

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案価格引き上げの公算 1株

ビジネス

英中銀、時間をかけず段階的に利上げすべき=ソーンダ

ビジネス

日産、22年度までに国内でEV3車種・eパワー搭載

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 5

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 6

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 9

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 10

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月