最新記事

大統領選

アルゼンチンから吹いてきた中南米左派政権の終焉の風

中道右派の大統領が誕生したアルゼンチンは、左派のポピュリストが多い中南米に変化をもたらすか

2015年12月10日(木)17時00分
アフシン・モラビ(本誌コラムニスト)

現実主義へ アルゼンチンの大統領選で勝利したマクリ Enrique Marcarian-REUTERS

 アルゼンチン人について、ライバル関係にあるブラジル人が昔から好むジョークがある。楽に金儲けをしたければ、アルゼンチン人を相応と思われる値段で買い、そのアルゼンチン人が自分で相応と思っている値段で売ればいい──。

 悪趣味なジョークかもしれないが、アルゼンチン人もこれが見当違いでないことは認める。現在のアルゼンチンの窮状を招いた原因を言い当ててもいる。

 1世紀前には世界の経済大国上位10位内に入っていたアルゼンチン。だが今日では、新しい建物こそ目立つものの経済は停滞し、世界における自らの役割を過大評価しているきらいがある。

 先月の大統領選決選投票で、中道右派のブエノスアイレス市長マウリシオ・マクリが当選したのは良い前兆だ。マクリの勝利は、故キルチネル前大統領とその妻で現職のフェルナンデス大統領による12年間に及ぶ中道左派政権に終止符を打った。

 両大統領の政治を言い表すとすれば、アルゼンチンが世界の中心であるという虚栄心で塗り固められた、現実味のかけらもないポピュリズム(大衆迎合主義)と、1次産品主導型の経済、そして社会保障のばらまきが生んだ短期的な成長と長期的な経済破綻だ。

 今月10日に大統領に就任するマクリが引き継ぐのは、準備金が危険なほど少なく、25%という恐ろしいインフレ率と、GDPの6%以上を占める財政赤字に圧迫されている国だ。

 それから、ポピュリズム政治の「キルチネル主義」によって長年グローバル経済から取り残されていたアルゼンチン経済界。悪いのは他国の債権者だという被害者意識を打ち出したフェルナンデスの主張に閉塞感を募らせ、国の未来について現実的な選択を下すリーダーを待望する国民の期待も背負うことになる。

 マクリの勝利は中南米に重大な問いを投げ掛けた。国民は、ポピュリズムや社会的正義を是とする政党に背を向けて、より現実的な主張を支持しているのだろうか。

 左派ポピュリズム政権の象徴といえるベネズエラの場合、世界最悪であるインフレ率150%超に直面し、多発する犯罪や暴力に苦しむ。今年の成長率予測はマイナス10%、来年はマイナス6%と、危険な悪循環に陥っている。

破滅の種を内包している

 チャベス前大統領はかつて、自身が追求する「社会的正義」モデルの素晴らしさを得意げに語った。しかしその後継者であるマドゥロ政権下では歴史の流れに逆らうかのように、政敵への人権侵害が増加してきている。今月6日の議会選挙はマドゥロにとって正念場となった。

ニュース速報

ビジネス

市場は債券購入加速の目的を理解=ECB総裁

ワールド

イラン核施設で異常発生、原子力長官は「テロ」と断定

ビジネス

ビットコイン6万ドル超え最高値に接近、発掘通貨の供

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿下の死去で適用される英王室の厳格な規定

  • 4

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月