最新記事

大統領選

アルゼンチンから吹いてきた中南米左派政権の終焉の風

中道右派の大統領が誕生したアルゼンチンは、左派のポピュリストが多い中南米に変化をもたらすか

2015年12月10日(木)17時00分
アフシン・モラビ(本誌コラムニスト)

現実主義へ アルゼンチンの大統領選で勝利したマクリ Enrique Marcarian-REUTERS

 アルゼンチン人について、ライバル関係にあるブラジル人が昔から好むジョークがある。楽に金儲けをしたければ、アルゼンチン人を相応と思われる値段で買い、そのアルゼンチン人が自分で相応と思っている値段で売ればいい──。

 悪趣味なジョークかもしれないが、アルゼンチン人もこれが見当違いでないことは認める。現在のアルゼンチンの窮状を招いた原因を言い当ててもいる。

 1世紀前には世界の経済大国上位10位内に入っていたアルゼンチン。だが今日では、新しい建物こそ目立つものの経済は停滞し、世界における自らの役割を過大評価しているきらいがある。

 先月の大統領選決選投票で、中道右派のブエノスアイレス市長マウリシオ・マクリが当選したのは良い前兆だ。マクリの勝利は、故キルチネル前大統領とその妻で現職のフェルナンデス大統領による12年間に及ぶ中道左派政権に終止符を打った。

 両大統領の政治を言い表すとすれば、アルゼンチンが世界の中心であるという虚栄心で塗り固められた、現実味のかけらもないポピュリズム(大衆迎合主義)と、1次産品主導型の経済、そして社会保障のばらまきが生んだ短期的な成長と長期的な経済破綻だ。

 今月10日に大統領に就任するマクリが引き継ぐのは、準備金が危険なほど少なく、25%という恐ろしいインフレ率と、GDPの6%以上を占める財政赤字に圧迫されている国だ。

 それから、ポピュリズム政治の「キルチネル主義」によって長年グローバル経済から取り残されていたアルゼンチン経済界。悪いのは他国の債権者だという被害者意識を打ち出したフェルナンデスの主張に閉塞感を募らせ、国の未来について現実的な選択を下すリーダーを待望する国民の期待も背負うことになる。

 マクリの勝利は中南米に重大な問いを投げ掛けた。国民は、ポピュリズムや社会的正義を是とする政党に背を向けて、より現実的な主張を支持しているのだろうか。

 左派ポピュリズム政権の象徴といえるベネズエラの場合、世界最悪であるインフレ率150%超に直面し、多発する犯罪や暴力に苦しむ。今年の成長率予測はマイナス10%、来年はマイナス6%と、危険な悪循環に陥っている。

破滅の種を内包している

 チャベス前大統領はかつて、自身が追求する「社会的正義」モデルの素晴らしさを得意げに語った。しかしその後継者であるマドゥロ政権下では歴史の流れに逆らうかのように、政敵への人権侵害が増加してきている。今月6日の議会選挙はマドゥロにとって正念場となった。

ニュース速報

ワールド

米、加・メキシコ国境閉鎖を11月21日まで延長 コ

ワールド

米農家補助金が過去最高に、トランプ氏が選挙控え票固

ビジネス

香港証取、アント・グループのIPO承認=関係筋

ワールド

米ハリバートン、4四半期連続赤字 需要急減と原油安

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流…

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月