最新記事

中東

【写真特集】輝きを失ったシナイ半島の桃源郷へ

ISISが近づくシナイ半島南部には、ロシア・東欧の人々が訪れる寂れたリゾート地が広がる

2015年11月6日(金)19時00分
Photographs by Andrea & Magda Photographers

シャルムエルシェイクに昨年建てられたショッピングモールには、スケートリンクやボウリング場もある。だが数百店舗の多くはまだ空き屋だ

 美しい紅海と砂漠、遊牧民ベドウィンの文化──昔から世界の多くの人々を引き付けてきたエジプト東部のシナイ半島。なかでも南端のシャルムエルシェイクは人気のリゾートだ。

 しかし「アラブの春」による政情不安で、同国を訪れる観光客は大幅に減少。紅海沿岸地方の人々にとって、11年のエジプト革命の舞台となった首都カイロのタハリール広場は、「大惨事」と同義だ。最近ではテロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)傘下の過激派の北シナイ占拠も話題になった。

(編集部注:今年10月31日、シャルムエルシェイクを離陸後にエジプト・シナイ半島で墜落したロシア・コガリムアビア航空の旅客機に関して、ISIS系の組織が「撃墜した」という犯行声明を出している。)

map_egypt.jpg

 そんななかでも、シャルムエルシェイクはロシアや東欧、中東の観光客を呼び込み、息を吹き返しつつある。だが他の地域では建設途中のままうち捨てられたり、人けのないホテルや巨大施設が目立つ。

 観光開発はシナイをすっかり変え、地元文化と懸け離れた人工的な建物だらけの場所にしてしまった。フランスの人類学者マルク・オジェが言う、標準化されて個性を失った「ノン・プラセ(非場所)」だ。そんなシナイの今を、写真家のアンドレアとマグダはカメラに収めた。

 空っぽになったその舞台では旅行者やベドウィン、労働者それぞれが与えられた役柄を演じているようにも思える。


pssinai-02.jpg

シャルムエルシェイクの砂漠を四輪バイクで走る観光客向けツアー。ラクダ乗りや、ベリーダンスショー付きディナーなどが含まれるものが多い


pssinai-03.jpg

ラス・モハメッド国立公園のビーチでガイドの話を聞くロシア人観光客。美しい自然が保護されているラス・モハメッドは人気の旅行先で、団体ツアーも多い

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

  • 8

    文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

  • 9

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 10

    韓国銀行、景気下振れリスク認めつつ追加利下げは示…

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 3

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 4

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

  • 9

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月