最新記事

ヨーロッパ

法王に「年寄り」と批判されても欧州の若返りは可能だ

移民の急増は難題でもありチャンスでもある。かつての勢いを取り戻すため働き盛りの世代が必要だ

2014年12月18日(木)16時34分
アフシン・モラビ(本誌コラムニスト)

戒め ヨーロッパに対し辛辣な言葉を並べる法王 Christian Hartmann-Reuters

 EUが12年に作成した「キャベツ・メモ」と呼ばれる文書には、2万6911語にわたって欧州でのキャベツの販売に関するあらゆる想定シナリオが記されている。無駄な書類の最たる例として引き合いに出されることの多いこの文書は、EUが結成時に描いた大局を見失っている証拠だ。

 EU結成の目的は、各国が共に成長・繁栄し、集団による安全保障体制を確立することだった。長ったらしい「メモ」を作成することではない。

 ローマ法王(教皇)フランシスコはこのメモの存在を知らないだろうが、先月下旬の欧州議会での演説で、くしくもこう指摘した。「かつてヨーロッパを鼓舞した偉大な思想は求心力を失い、官僚主義的な細かな問題に取って代わられている」

 厳粛で時にやや熱を帯びた演説の中で法王は、欧州が「老いてやつれた人」や「もはや創造力や活気を失ったおばあさん」のように見えるとも語った。

 さらに、変化し続ける世界の中で欧州は「主人公ではなくなってきている」ようだとも発言。各国政府の移民問題への対処はおろそかだと批判し、危険なボートでアフリカから渡って来る移民の急増で地中海が「巨大な墓場」になりつつあると嘆いた。

 法王の苦言は辛辣過ぎたかもしれない。だが一方で、ヨーロッパがかつての勢いを取り戻す必要があることも事実だ。

 欧州が08〜09年の金融危機やその後の債務危機からの回復に苦しんでいるのは確かだし、起業家精神を削ぐ官僚主義的な規制も依然として問題だ。それでも、毎年何万人もが命を危険にさらしてでも地中海を渡ろうとし、アジアの活気あふれる新興市場からも多くの人々がチャンスを求めて欧州に向かっている。

 例えば中国。裕福な中国人の3人に2人がより良い大気環境や学校教育、チャンスを求めて欧州への移住を計画している(裕福な彼らは危険なボートではなく、ルフトハンザ航空やエールフランスで飛んでくるが)。

 そしてもちろん、アフリカや中東からやって来る貧しい移民もいる。彼らは大きな希望を胸にヨーロッパ大陸を目指すが、立ちはだかるのは地中海だ。密入国斡旋業者に言われるままに危険なボートに乗り込み、転覆事故に遭う人も多い。法王が地中海を「巨大な墓場」と称した理由はここにある。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル/ユーロ下落、欧州の政治不安一服

ビジネス

米国株式市場=上昇、S&Pとナスダック最高値更新

ワールド

イスラエルで反政府デモ、数千人規模 ネタニヤフ首相

ビジネス

米連邦取引委、アドビを提訴 「手数料不明朗・解約手
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 6

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 7

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 8

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 9

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中