最新記事

新興国

大統領選で露呈したブラジルの深過ぎる溝

景気低迷の原因は経済の構造的欠陥にある
大衆迎合的な政策では傷口を広げるだけ

2014年11月19日(水)14時45分
アンドレス・ベラスコ(元チリ財務相)

今回は貧困層から根強く支持されるルセフが僅差で勝利を手にしたが Ueslei Marcelino-Reuters

 今から40年前、ブラジルの経済学者エドマール・バシャは自国を「ベリンディア」と名付けた。繁栄し近代的なベルギーと貧しく後進的なインドが混在する国という意味だ。

 現職のルセフ大統領が再選した先月の選挙はそれを象徴している、という見方が識者の間では主流だ。低所得層の多い北東部で圧勝したルセフだが、全体では僅差の勝利にとどまった。ブラジルの経済活動の70%を占める富裕な南部で野党・ブラジル社会民主党(PSDB)のネベス党首の牙城は崩せなかった。

 しかし、今回の選挙の意味はそれだけにとどまらない。40年前、繁栄する近代的な「ベルギー」はブラジルのごく一部だった。今回その「ベルギー」を支持基盤とするネベスが48%の票を獲得したことは、拡大し影響力を増した中間層が変化を求めている証拠にほかならない。

 とはいえルセフと与党・労働党に対する貧困層の支持は根強い。ルセフ政権1期目の成長率は平均1・5%。厳密には景気後退だが、雇用はそれほど減少していないため、多くの家庭にはまだ実感がない。
コモディティ(1次産品)価格の長期にわたる上昇傾向も、ルセフの追い風となった。国庫が潤ったことで、貧困層向け現金給付プログラムが拡充され、多くの家庭が貧困から脱出した。

 この手のばらまき戦略はブラジルに限らず、アルゼンチンやボリビア、エクアドル、ベネズエラでもポピュリストがよく使う手だ。こうした国々との類似点は、ほかにもある。

 コモディティブームが去りかけている今、各国は成長維持と雇用創出のために経済の牽引役を生み出す必要性に迫られている。コモディティ市場からのタナボタが望めない以上、新たなモノやサービスを生み出せる新部門を開発するしかない。

 これはブラジルにとって、特に難題となる。ブラジルは経済の構造的欠陥に対して、是正措置をほとんど取っていない。政府歳入は南米最大規模(GDPの3割余りに相当)なのに貯蓄も投資も不十分で、さまざまな問題を生んでいる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中