最新記事

イラク

ISIS国家への冷ややかな反応

バグダディの高らかな建国宣言を支持する世界の過激派はごくわずか

2014年7月17日(木)15時34分
ジョシュア・キーティング

世界の指導者? 長年に及ぶ潜伏の末、モスルのモスクに姿を現したバグダディ Al-Furqan Media/Anadolu Agency/Getty Images

 イラクでイスラム国家樹立を宣言したスンニ派テロ組織ISIS(イラク・シリア・イスラム国、別名ISIL)の指導者アブ・バクル・アル・バグダディは長い間、鳴りを潜めてきた。これまでに出回っている彼の写真は、わずか2枚しかない。

 だから彼が先月末、公の場に姿を現したのは大きな衝撃だった。場所はISISが制圧したイラク第2の都市、北部のモスルにあるグランド・モスク。黒いガウンをまとい、派手な腕時計を着けて現れたバグダディの姿は映像でも公開された。

 この「初お目見え」の数日前に、バグダディは自身を「カリフ(最高権威者)」であると宣言していた。新たに建設したイスラム国家「イスラム国」のみならず、世界の全イスラム教徒の絶対的指導者である、と。

 もちろん国際社会は、7〜13世紀に存在したカリフ制イスラム帝国を復活させようというバグダディを受け入れるつもりはない。それでも世界各地のアルカイダ系武装組織がどのような反応を示すのか、興味深い。

 ISISはかなり前からアルカイダの幹部らと対立しており、「建国宣言」は、ウサマ・ビンラディンの後継者アイマン・アル・ザワヒリに対する挑戦だ。ザワヒリはまだ口を閉ざしているが、反応を示すとすれば、かなり痛烈な批判になるだろう。

 これまでのところ、他のイスラム過激派組織がバグダディに相次ぎ忠誠を誓っているという事実はない。シリアでは、アルカイダの分派であるアルヌスラ戦線をはじめ多くの過激派が建国宣言を非難している。

 他方、バグダディへの支持を表明しているのは、エジプトやリビアのいくつかの武装組織と、「パキスタン・タリバン運動(TTP)」や「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の一部。だがAQAPの幹部クラスや、「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」からは何の声も聞こえてこない。

 つまり、バグダディは建国宣言をして権力を誇示したはいいが、彼が従えていると主張する世界の武装組織からは大した支持を得ていない。「ISISが建国パーティーを催したのに、誰も参加しなかったようだ」と、ISISに詳しいJ・M・バーガーは指摘している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中