最新記事

マレーシア航空

失踪機の大事な情報を公表しなかったタイ政府の言い分

タイ空軍のレーダーはMH370便の針路変更を10日前に捉えていた

2014年3月19日(水)14時58分
ジョシュ・ブアヒーズ

後手後手 各国間の連携がうまくいっていれば今頃は見つかっていたかも Nguyen Huy Kham-Reuters

 消息不明になっているマレーシア航空370便との通信が途絶えた数分後に、タイ空軍のレーダーが同機のものと思われる機影を捉えていたことが分かった。タイ政府が18日に発表した。

 タイ空軍のレーダーがとらえた機影がマレーシア航空370便かどうかはまだ定かではない。だが、そのレーダーに記録された飛行経路はマレーシア半島とマラッカ海峡上空を通過しており、針路を西方向に変えてインド洋に向かったといわれる現在の仮設と一致している。

 この新情報自体は、現在の捜索活動に大きな変更をおよぼすものではないが、これまでの捜索活動の大きな障害となってきた問題をあらためて浮き彫りにしたといえる。つまり、捜索に加わる国々がお互いにうまく協力できていないという点だ。

 タイ政府はなぜ人命に関わる情報を1週間以上も明かさなかったのか。AP通信の記事を要約すれば、理屈のとおらないその言い分はこうだ。「誰にも聞かれなかったから」

 ちなみにAPの記事は以下のとおり。


 なぜもっと早く情報を公開しなかったのかと問われた空軍の司令官は、「タイ空軍はわが国への脅威に対してのみ対応する。そのためわれわれへの脅威と思われない事象については、何の行動も起こさない」と語った。

 問題のマレーシア航空機はタイ領空に入ってこなかったし、マレーシア政府が捜索開始直後に情報を求めてきたときは、具体性に欠けていたと、この司令官は言う。「彼らが再び情報を求めてきたときは、マレーシア首相から(西に針路変更した可能性があるとの)新しい仮設を伝えられたので、われわれは手元にある情報を見直した」


 マレーシア当局は同機が方向転換してマラッカ海峡に向かった可能性を認めるまでに1週間を要したが、これは自分たちのレーダーだけでは確信が持てなかったからだろう。もっと早くにタイ空軍の情報が共有されていれば、状況は違っていたはずだ。南シナ海で行われていた捜索活動を、マラッカ海峡やインド洋、さらにその先まで拡大することになった、極めて重要な情報だったのだが。

© 2014, Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、米原油在庫減少で 中東の停戦期待で

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味

ワールド

韓国消費者信頼感、7月は2年3カ月ぶり高水準 イン
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中