最新記事

オリンピック

ソチ五輪で怖い2つのリスク

ロシアで怖いのはテロだけではない。同性愛の選手や観客も警戒したほうがよさそうだ

2014年1月21日(火)17時28分
デービッド・トリフノフ

歓迎のアピール 7色のユニフォームを着た五輪運営ボランティアたちとの会合に参加したプーチン(1月17日) RIA Novosti-Reuters

 同性愛者に対して一貫して強硬な姿勢を示してきたロシアのプーチン大統領。昨年には、未成年者に対する同性愛の宣伝を禁止する「同性愛宣伝禁止法」を制定した。2月7日にロシアのソチで開かれる冬季オリンピックに出場を予定している同性愛の選手や観戦客が、警察に捕まるのではないかと恐れるほどだ。

 しかし最近、プーチンの姿勢に変化が表れた。ロイター通信によれば、プーチンは17日にソチで行った五輪運営のボランティアスタッフたちとの会合で、同性愛者がソチ五輪での迫害を恐れる必要はないと発言。性的嗜好に関わらず、あらゆる選手や観客を歓迎すると繰り返した。「わが国は伝統的でない性的関係を禁じているわけではない。同性愛の宣伝を禁じただけだ。誰かを迫害したりはしないので、安心してくつろいで欲しい」

 ただし、「子供たちには関わらないで欲しい」とも付け加えた。五輪のボランティアスタッフが(同性愛者の権利を訴える運動のシンボルカラーでもある)7色のユニフォームを着ることになったことについても、「私がデザインしたわけじゃない」とコメンした。

高まるテロの脅威

 プーチンのこうした発言が報じられた日、北カフカス地方のダゲスタン共和国ではテロが相次いで発生。首都マハチカラのレストラン近くで2度の爆発が起き、警官を含む7人が負傷した。さらに19日には、ソチ五輪を狙ったテロ攻撃を予告する動画がインターネット上で公開された。

 この動画には、ロシア南部ボルゴグラードで先月30人以上の死者を出したテロ攻撃の実行犯とされる男2人が登場。ダゲスタンに拠点を置くイスラム武装組織「ヴィラヤット・ダゲスタン」のメンバーと目される彼らは銃を手にして、こう言い放った。「われわれは、あなた(プーチン)にプレゼントを用意した。(ソチを訪れる)すべての観光客にもだ」

 AP通信によれば、プーチンは五輪期間中の安全対策を優先課題と考えているが、訪問客に「圧力をかけること」にならないようにすると述べている。

From GlobalPost.com特約

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月