最新記事

オリンピック

ソチ五輪で怖い2つのリスク

ロシアで怖いのはテロだけではない。同性愛の選手や観客も警戒したほうがよさそうだ

2014年1月21日(火)17時28分
デービッド・トリフノフ

歓迎のアピール 7色のユニフォームを着た五輪運営ボランティアたちとの会合に参加したプーチン(1月17日) RIA Novosti-Reuters

 同性愛者に対して一貫して強硬な姿勢を示してきたロシアのプーチン大統領。昨年には、未成年者に対する同性愛の宣伝を禁止する「同性愛宣伝禁止法」を制定した。2月7日にロシアのソチで開かれる冬季オリンピックに出場を予定している同性愛の選手や観戦客が、警察に捕まるのではないかと恐れるほどだ。

 しかし最近、プーチンの姿勢に変化が表れた。ロイター通信によれば、プーチンは17日にソチで行った五輪運営のボランティアスタッフたちとの会合で、同性愛者がソチ五輪での迫害を恐れる必要はないと発言。性的嗜好に関わらず、あらゆる選手や観客を歓迎すると繰り返した。「わが国は伝統的でない性的関係を禁じているわけではない。同性愛の宣伝を禁じただけだ。誰かを迫害したりはしないので、安心してくつろいで欲しい」

 ただし、「子供たちには関わらないで欲しい」とも付け加えた。五輪のボランティアスタッフが(同性愛者の権利を訴える運動のシンボルカラーでもある)7色のユニフォームを着ることになったことについても、「私がデザインしたわけじゃない」とコメンした。

高まるテロの脅威

 プーチンのこうした発言が報じられた日、北カフカス地方のダゲスタン共和国ではテロが相次いで発生。首都マハチカラのレストラン近くで2度の爆発が起き、警官を含む7人が負傷した。さらに19日には、ソチ五輪を狙ったテロ攻撃を予告する動画がインターネット上で公開された。

 この動画には、ロシア南部ボルゴグラードで先月30人以上の死者を出したテロ攻撃の実行犯とされる男2人が登場。ダゲスタンに拠点を置くイスラム武装組織「ヴィラヤット・ダゲスタン」のメンバーと目される彼らは銃を手にして、こう言い放った。「われわれは、あなた(プーチン)にプレゼントを用意した。(ソチを訪れる)すべての観光客にもだ」

 AP通信によれば、プーチンは五輪期間中の安全対策を優先課題と考えているが、訪問客に「圧力をかけること」にならないようにすると述べている。

From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ファイザー、27年までに15億ドルの経費削減計画

ワールド

バイデン米政権、独立したFRBを支持と表明 トラン

ワールド

英国防相、中国がロシアにウクライナ戦向け殺傷兵器供

ビジネス

シンガポールGDP、第1四半期は前年比2.7%増 
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中