最新記事

中国社会

上海シニアが押し寄せる老後の理想郷

人間関係が希薄になった都会を離れ、田舎の村で足湯とマージャンの日々

2013年10月7日(月)14時32分
ゾーイ・チャン

仲間と一緒 シニアたちはマージャンなどを通じて温かなコミュニティーを築く Carlos Barria-Reuters

 中国の若者も、都会に出れば田舎には戻らない。農村部に残された高齢者は約5000万人。中国の新聞は長年、老いた親たちの暮らし向きへの懸念を示してきた。この7月には、親元へ頻繁に通うことを子供に義務付ける法律まで施行された。

 だが、中国の田舎も悪いニュースばかりではない。高齢者向けの保養地だった人里離れた内陸部の村に今、上海など沿海部の大都市からシニア層が押し寄せている。

 慌ただしい都会の暮らしを逃れたい高齢者が求めるのは、より広い家、緊密なコミュニティー、そして親の面倒を見る子供(もちろん一人っ子だ)の負担を減らすこと。江西省温湯もそんな人々がやって来る場所だ。

 温湯の中心部にある温泉は、毎朝6時のオープンとともにお年寄りでいっぱいになる。足湯をしながら上海語で陽気におしゃべりするのが彼らの日課だ。

都会にはないコミュニティー

 今日の話題はこの夏の上海での異常な暑さ。「ゆうべ娘が上海から電話してきた。温湯ではエアコンなんか要らないと言ってやったよ。羨ましがらせようと思ってね」。周囲は爆笑の渦に包まれた。

「温湯の一日は足湯から始まる」と、上海から来たチャン・ターツァイ(60)は言う。40年連れ添った妻のワン・フーメイも同じ意見。昨年、夫妻は温湯にマンションを買い、先月初めに改装を終えたばかりだ。

 チャンは大勢で足湯をするのが好きだ。「家で足湯をやっても楽しくない。夫婦2人だし、水道管で引いてきたお湯はいまひとつぬるくてね」

 10年ほど前から、温湯は上海シニアの間で人気だった。実際に移住を決めたのは600人近く。公務員や教師を引退した人もいれば、上海郊外の再開発計画で立ち退き料が入ったのを機に引っ越しを決めた人もいる。

 この小さな理想郷を誰が最初に見つけたかは分からないが、温湯の温泉が高血圧や高脂血症、糖尿病に効くという話は口コミで広まっていた。シュイ・シウファンも効能抜群という話を聞いてやって来た。さらにシュイの体験談を聞いて、10人の「兄弟姉妹」が温湯を訪れた。

 温湯には井戸端会議をしやすい雰囲気がある。「温湯の人たちはいつも笑顔を交わしている。知らない人にも親切だ」と、ワンは言う。「同じマンションに暮らす7家族で食事を分け合い、マージャン卓を一緒に囲む。みんな助け合っているし、退屈もしない」

離れて暮らす子供からは心配の声も

「今の暮らしのほうが間違いなく上海より快適だ」と、チャンは言う。上海では毎朝5時に起き、息子夫婦と孫の朝食を作った後、孫を幼稚園に送っていた。妻は家事に追われる毎日だった。

「先のことも考えていた」と、チャンは言う。「若い世代の生活は厳しい。若夫婦は4人の親と子供の面倒まで見ないといけない。もっと年を取ったときに、子供らの重荷になりたくない」

 だが、チャンの息子は納得していない。「崑山(上海の北西にある江蘇省の都市)あたりならいいが、電車で24時間もかかる場所だなんて。万が一病気になっても、すぐに行けないじゃないか」

 彼と同じような意見は中国版ツイッターで多く見掛ける。「温湯のような山間の地域では、医療設備も十分ではないし、高齢者が暮らしやすいインフラも整っていない。そんな所に親を住まわせるのが果たして正解だろうか」というコメントもあった。

 だが、温湯の高齢者は人生を楽しんでいるように見える。人間関係が希薄になった寒々しい都会を離れ、温かく落ち着ける場所にたどり着けたからだろう。

From thediplomat.com

[2013年9月24日号掲載]

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 9

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月