最新記事

人質事件

アフリカで止まらない外国人拉致の連鎖

今度はナイジェリアで誘拐事件が発生。犯行声明を出したイスラム武装勢力はアルカイダとの関連も

2013年2月19日(火)17時52分

拡大する脅威 イスラム武装勢力アンサルはイスラム武装組織ボコ・ハラムやアルカイダとも関係していると言われる(マリ、12年6月) Adama Diarra-Reuters

 日本人を含め大勢の人が犠牲になったアルジェリア人質事件からおよそ1カ月。今度はナイジェリアで新たな誘拐事件が勃発した。

 同国北部バウチ州で16日夜、武装集団がレバノン系の建設会社の施設を襲撃し、警備員1名を殺害。同施設で働いていた外国人7名を誘拐した。

 誘拐されたのはイギリス人、ギリシャ人、イタリア人がそれぞれ1名とレバノン人4名(うち2名は女性)だという。

 ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の報道によれば、武装集団は建設会社を襲う前に、隣接する刑務所と警察署を襲撃。刑務所内の囚人を連れ出すのが目的だったようだが失敗に終わり、建設会社の施設へ逃げ込んだものとみられる。

 18日には、イスラム武装勢力「アンサル」が犯行声明を発表。その中で、今回の誘拐は欧州諸国によるマリやアフガニスタンへの介入に対する報復であることを示唆した。

 VOAによれば、アンサルは昨年頃からナイジェリアで台頭し、イスラム武装組織ボコ・ハラムや国際テロ組織アルカイダとも関係があると言われている。ボコ・ハラムはこれまでも同国北部でテロや誘拐を繰り返しており、09年以降に1000人以上が犠牲になったとされる。

From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米大統領選、無党派層の景況感が悪化 バイデン氏への

ワールド

中国首相、友好的な中日交流望むと岸田首相に伝達=外

ビジネス

アングル:米株、例年以上の「夏枯れ」か 物価と大統

ワールド

サウジへの攻撃用兵器の売却禁止、米が数週間以内に解
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中