最新記事

暴力

惨殺されるアフガン少女たち

男性の気に障っただけで簡単に殺されても、加害者に罪を償わせる文化もない

2013年1月11日(金)19時46分
サミ・ユサフザイ(イスラマバード)
ロン・モロー(イスラマバード支局長)

ホラー アフガン女性の生活は向上していない(ジャララバードのテントの教室で学ぶ少女たち) Parwiz-Reuters

 アフガニスタン北部クンドゥズ州で先月末、14歳の少女ガスティナが喉をかき切られ、頭部を切り落とされて殺された。犯人はある2人の兄弟。1人が彼女との結婚を執拗に申し込んだが、娘はまだ若過ぎると父親が断っていた。兄弟は逃走したが拘束され、自宅から凶器の狩猟ナイフが押収された。だが起訴されるかはまだ分からない。

 不幸にもこうした惨劇は、アフガニスタンの保守的な地方で珍しい話ではない。少女が「家族の名誉」を汚したと鼻や耳をそぎ落とされたり、強制結婚を拒んで若い女性が建物から飛び降りたり殺鼠剤を飲んだりして自殺を図る事件も増えている。

 クンドゥズで女性問題に取り組むナディア・グヤによれば、昨年は少女への暴力事件が6件だったが、今年は8カ月間で既に11件も報告されているという。同州西部チャルダラで少女の遺体が発見されたが、1週間以上も引き取り手が現れなかった事件もあった。「背景に家族の名誉の問題があったに違いない」と、グヤは指摘する。女の子を産んだために夫に殺された女性もいるという。

「今年は女性を標的にした残虐行為が増えている。私たちの社会が抱える文化的な問題だ」とグヤは言う。「このようなおぞましい犯罪を犯した者は死刑にすべきだと訴えている」

 しかし多くの場合、犯人は無罪放免になるか軽い刑で済まされているのが現状だ。

 アフガニスタンのある元テレビキャスターは03年にタリバンに夫を殺害され、子供6人と共に残された。夫の家族は夫の兄弟と再婚するよう迫った。拒んだ彼女は命の危険を感じて子供を連れてパキスタンに脱出。「多くのアフガン女性のように貧しくて教育を受けていなかったら、無理強いされるか動物のように殺されていた」と語る。

「国際社会はアフガン女性の生活は向上していると言うが、それは幻想」と彼女は言う。「この国の男性の女性に対する考え方は何世紀も変わらない。ガスティナの死は厳しい現実だ」

[2012年12月19日号掲載]

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月