最新記事

教育

ネット大学「有料化」が苦学生を救う

「名門大学の授業を無料で受けられる」で急成長したオンライン大学の次なる挑戦

2012年11月15日(木)17時13分
ウィル・オレムス

改革者 世界の貧しい人々にも最高の講義を、と話すコラー YouTube

 インターネット環境さえあれば、世界のどこにいても一流大学の授業をオンラインで受講できる。しかも学費はタダ──アメリカを中心に急成長を遂げている公開オンライン大学が、新たなステージに突入しようとしている。

 けん引役は、スタンフォード大学の2人のコンピュータ科学者が今年立ち上げた教育ベンチャー「コーセラ」。スタンフォードだけでなくプリンストン大学やコロンビア大学などで教える世界トップクラスの講師陣による講義を無償で提供するコーセラは、開校後1年足らずで170万人以上の受講者を世界中から集めた。

 ただ受講しても修了証が発行されるだけで自分の大学の単位としては認められないのが、学生にとっては不満が残る点だった。

 そこでコーセラは11月13日、第三者機関と提携し、一部の講座を大学の単位として認定してもらうシステムを、来年早々にも立ち上げると発表。ただし単位を取得したい場合、学生はコーセラに学費を支払う必要がある。
 
 単位認定の審査に当たるのは、大学外での学習の単位互換性を評価する専門機関であるACEクレジット。同機関のお墨付きを得た講座を修了すると、全米の大学およそ2000校で単位として認められる(ただし、コーセラに授業を提供している一流大学は含まれていない)。

かすむリアルの大学との境界線

 設立から1年間、ベンチャーキャピタルからの出資で事業を拡大してきたがまだ利益を上げていなかったコーセラにとって、有料化は大きな転機になる。在籍する大学で学びたい科目が受講できない学生は大歓迎するだろう。通常の大学の高額の学費を支払えない人にも朗報だ。単位を取りたい学生から学費を徴収して利益を上げれば、それを原資に学費を払えない世界の貧しい人々への無料講座を続けていけるからだ。

 コーセラの共同創設者の1人であるスタンフォード大学のダフニー・コラー教授は、声明で次のように語っている。「近年、大学の学費高騰は学生たちに壊滅的な打撃を与えている。多くの学生が学費の捻出に苦しみ、学位取得を断念するケースも少なくない。わが社は大学の単位に認定される可能性がある最高レベルの授業を提供することにより、一定の単位を保有した状態で大学に入学し、予定通りの時期に予定通りの学費で、学位を取得できる学生を増やしたい」

 コーセラは一貫して、オンライン大学は伝統的な高等教育機関を補完する存在であって、それらに取って代わるものではないとの立場を取ってきた。だが学費を徴収し、単位を出すのであれば、新たな疑問にさらされるのは避けられない。オンラインでの授業は本当の意味で、教室で学ぶ従来型の教育の代替になりえるのか、という疑問だ。コーセラの未来はその点にかかっている。

© 2012, Slate

ニュース速報

ワールド

ボリビア大統領辞任、ベネズエラなどに強いシグナル=

ビジネス

英保守党、選挙勝利なら即座に中銀新総裁を指名へ─財

ビジネス

効果的経済対策取りまとめたい、ワイズスペンディング

ワールド

ウクライナ疑惑、米下院が新たな証言記録を公開

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 2

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 3

    自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「死」を体験

  • 4

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 5

    それでも僕らがトランプを支持する理由

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

  • 8

    英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

  • 9

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 10

    香港デモ、警官発砲で1人重体か 全土に混乱広がる

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 9

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 10

    北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月