最新記事

犯罪

カナダを震撼させる猟奇殺人の狂気度

殺人シーンをネットで公開し、遺体を各地に送り付けるバラバラ殺人究極のフルコース

2012年6月7日(木)13時00分
デーブ・トリフノフ

"サイコ" 事件直後にパリに逃亡したマグノッタは、ベルリンのネットカフェで逮捕された Interpol-Reuters

 ネットに投稿された残忍な殺人場面。カナダ各地に次々に送りつけられる遺体の一部。この2週間ほどカナダを震撼させている猟奇殺人事件は、ヨーロッパに逃亡していた容疑者が逮捕されても収束しそうにない。

 6月4日、逃亡先のドイツで身柄を拘束されたのは、モントリオール在住のルカ・ロッコ・マグノッタ(29)。「カナディアン・サイコ(精神異常者)」の異名をもつ彼は、殺人など複数の容疑でカナダに身柄を送られる見込みだ。

 警察によると、同性愛ポルノ男優だったマグノッタは5月24日、元恋人で中国人留学生の林俊(リン・チュン)を殺害。その様子をビデオ撮影し、「狂人とアイスピック」というタイトルをつけて翌日ネットの動画サイトに投稿した。

 映像には、ベッドに縛りつけられたアジア系男性が、アイスピックとナイフで刺される様子が映っている。殺人鬼はさらに死体をバラバラにして性行為を行い、遺体の一部を食べたという。警察では問題の映像を撮影したのはマグノッタ本人とみている。

逮捕後にも届く手足入りの小包

 事態が動いたのは5月29日、モントリオール警察がゴミと一緒に捨てられていたスーツケースの中から死体の胴体部分を発見。同じ日、200キロほど離れた首都オタワでは、与党・保守党と野党・自由党の本部に切断された手足の一部が相次いで届けられた。

 6月4日にマグノッタがドイツで逮捕されても、恐怖はさらに続いている。翌5日、今度はカナダ西岸のバンクーバー市内の2つの学校に不審な小包が届いたのだ。

 私立の男子校に届いた小包には片足が、公立小学校の小包には片手が入っており、いずれも林のものである可能性が高まっている。

 2つの小包とそこに書かれていた住所は、政党本部に届いた小包と同様のもの。発送元もモントリオールだったことから、警察は「関連事件だとほぼ確信している」としている。

 林の遺体の残りの部分はどこにあるのか。5日の時点では、遺体の頭部はまだ見つかっていない。

GlobalPost.com特約

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

ワールド

米上院民主、失業給付加算縮小で合意 コロナ追加対策

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 2

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 3

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測される

  • 4

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 5

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 8

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 9

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 10

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月