最新記事

アジア

東シナ海に浮かぶ中韓の大きな火種

China's Next Flashpoint?

暗礁をめぐる対立から浮かび上がるのは水面下で進む2大経済大国の軍拡競争だ

2012年5月18日(金)14時51分
スティーブン・ボロビエツ(ジャーナリスト)

 1900年、イギリス人は東シナ海で小さな暗礁を発見し、「ソコトラ岩」と名付けた。この暗礁は今、韓国では「離於島」と呼ばれ、中国では「蘇岩礁」という名で呼ばれている。

 最も近い韓国の領土まで149キロ、中国からは247キロも離れた暗礁など、通常なら議論の種になるはずがない。だがここは、アジアの経済大国であり軍事大国でもある2つの国の間の大きな火種となる可能性をはらんでいる。

 韓国の外務省は3月12日、駐韓中国大使を呼び、数日前の中国国家海洋局高官の発言について説明を求めた。この高官は「蘇岩礁は中国の管轄海域にある」とし、中国の艦船が定期的にこの海域をパトロールしており、この岩が中国側に属することは明らかだと述べたのだ。

 これを受けて韓国の李明白(イ・ミョンバク)大統領は、ソコトラ岩は「当然のことながら韓国側の管轄海域に入っている」と記者会見で述べた。李はまた、ソコトラ岩が中国よりも韓国に近い場所にあることを指摘した。

 問題の根っこにあるのは、排他的経済水域(EEZ)の境界画定をめぐる中韓の対立だ。ソコトラ岩は、双方が主張するEEZが重なり合う場所にある。

 EEZとは国連海洋法条約に基づき、沿岸国が天然資源の利用などで排他的な管轄権を持つ水域で、沿岸から約370キロの範囲を指す。だが同条約では、水面から頭を出していない暗礁は領土としては扱われない。

 なのにはるか沖合の小さな岩をめぐって、中韓が対立しているのはなぜなのか。

 この海域には石油や鉱物といった地下資源が眠っている可能性がある上、ソコトラ問題は東シナ海を舞台にした両国の政治的・軍事的な動きとも切っても切れない関係にあるのだ。
 
 韓国は東シナ海における海軍力を拡大している。例えば済州島では大型の海軍基地を造る計画が進んでいる。この計画の第一の動機は中国に対抗するため、というのが一般的な見方だ。

 韓国はソコトラ岩の管轄権を主張する材料として、そして軍事衝突の際の足場とするために、ソコトラ岩周辺や中国により近い海域における軍事的プレゼンスを拡大したいと考えている。済州島に基地を造らなければ、韓国海軍は船で9時間ほど北にいったところにある仁川を拠点に活動しなければならなくなる。

 基地建設に対しては、環境保護の観点から反対運動も起きており、抗議活動で多数の逮捕者も出ている。基地の設計や施工をめぐる問題点も指摘されており、政府は今月の総選挙を前に(そして中国のソコトラ岩周辺海域の管轄権主張を受けて)建設を急いだようだ。韓国は統合地域ミサイル防衛システムの構築も進めているが、これも中国を念頭に置いたものとみられている。

 一方の中国は、経済成長を遂げて国際社会における存在感を強める傍ら、海軍の増強を進めてきた。だがソコトラ岩周辺海域で海軍力を増強すれば、韓国との軍拡競争を引き起こしかねない。

 中国の10年度の国防予算は公式発表では780億ドルだが、その3分の1以上が海軍向けと言う専門家もいる。中国海軍は特に南シナ海に高い関心を寄せており、近年、この海域におけるプレゼンスを高めている。南シナ海は多くの船が行き交う海域でもあり、台湾は自国の一部であると主張する中国にとっては戦術的な重要性も高い。

 加えて中国は、海南島の亜竜湾に潜水艦の基地を建設。これにより、中国海軍は南シナ海全域で迅速に潜水艦を動かせるようになった。

ニュース速報

ビジネス

豪中銀、当面は金利据え置きへ=ロウ総裁

ワールド

原油先物に売り、WTIは7週連続下落へ

ワールド

伊政府、橋崩落事故で運営会社の調査開始 罰金科す可

ビジネス

トランプ米大統領がドル高評価、「経済は堅調」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 3

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 7

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 8

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月