最新記事

ロシア

美人スパイの華麗なる転身

アメリカにひと泡吹かせた危険でセクシーな美女が、元スパイだらけのロシア政府の広告塔として大活躍

2011年3月8日(火)17時29分
オーエン・マシューズ(モスクワ支局長)、アンナ・ネムツォーワ(モスクワ)

美人ではないが 推定スリーサイズから「エージェント90・60・90」と呼ばれるチャップマン(「若き親衛隊」の大会で演説の順番を待つ) Alexander Natruskin-Reuters

 昨年6月にFBI(米連邦捜査局)に逮捕され、7月にアメリカを追放されてから半年余り。赤毛のロシア人スパイ、アンナ・チャップマンはいまロシアで最もホットな存在だ。

 男性誌でピストル片手にセミヌードを披露したかと思えば、ピチピチの軍服姿でドミトリー・メドベージェフ大統領から勲章を受け取り、テレビにも多数出演。演技に挑戦してみたり、『世界のミステリー』という番組では司会を務めている。

 1月末には「アンナ・チャップマン」という名前が商標登録された。「アンナ・チャップマン・ウオツカ」や「アンナ・チャップマン・ウオッチ」といった商品が店頭に並び始めるのも時間の問題だろう。

 チャップマンは決してあか抜けた美人ではない。髪形はボリュームがあり過ぎるし、服からブラジャーのひもがはみ出ていたり、ペラペラのイブニングドレスを着たりする。テレビでのインパクトもいまひとつだ。

 それでもロシア人が彼女に夢中なのは、チャップマンが「女スパイ」のイメージを巧妙に体現しているからだ。「彼女は危険でセクシーな美女という人々の妄想を体現している。いわば女性版ジェームズ・ボンドの実物だ」と、チャップマンのグラビアを掲載したマキシム誌(ロシア版)のイリヤ・ベズーグリー編集長は言う。

「それに多くのロシア人は、彼女がアメリカ人にひと泡吹かせてやったことを気に入っている。めったにない痛快劇だ」

秘密警察のFSBも色っぽく

 チャップマンの飽くなき自己宣伝欲を誰もが快く思っているわけではない。「根強い共産主義者たちは、彼女が男性誌の表紙を飾ったのを見て衝撃を受け、不快感を覚えた」と、ベズーグリーは言う。とはいえ批判派も、彼女が自分を売り込む天才であることは認めざるを得ない。

 チャップマンの真の「功績」は、ロシア連邦保安局(FSB)にセクシーなイメージを与えたことだ。FSBといえば、ソ連時代の秘密警察KGB(国家保安委員会)の後継組織。ところがロシアのタブロイド紙はチャップマンを推定のスリーサイズから「エージェント90─60─90」と呼び、その経歴を華々しく書き立てている。

 そんな「チャップマン・ブーム」を、元スパイだらけのロシア政府が見落とすはずはない。チャップマンは昨年12月、与党・統一ロシアの青年組織「若き親衛隊」の幹部に就任した。ウラジーミル・プーチン首相がつくった組織で、メンバーはジャーナリストや野党議員への嫌がらせに加担したとされる。

 政治家に転身する話もある。チャップマンはモスクワ郊外にロシア版シリコンバレーを建設する計画にも関わっている。メドベージェフ大統領が肝煎りで進めているプロジェクトだ。

 つまりチャップマンは、現体制のマスコットになった。「チャップマン・ブランドの人気が高まれば、ロシアのイメージも高まる」と、統一ロシアのセルゲイ・マルコフ下院議員は言う。

 彼女の次なる任務は、iPhoneのアプリ「ポーカー・ウィズ・アンナ・チャップマン」の発売(1ドル99セント)だ。高得点者にはフェースブックでチャップマンを友達に追加できる「賞」も検討されているという。

 プーチンとチャップマンという世界一有名なロシア人2人が共に元スパイであることは、現在のロシアで主導権を握っているのは誰なのかを雄弁に物語っている。もちろんKGBが「死後」20年で驚くべきイメージアップに成功したことも。

 より簡単に言うと、「アンナ・チャップマンの魅力とは、失敗を成功に変えたという物語だ」と、ベズーグリーは言う。それはまさにロシア人が信じたくて仕方がないおとぎ話だ。

[2011年2月23日号掲載]

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 2

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 3

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 7

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 8

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 9

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月