最新記事

エジプト

デモ隊の英雄になったグーグル幹部

誘拐され解放されて国民的英雄になったグーグル幹部が、分裂しかけていたデモ隊を再び1つにする?

2011年2月9日(水)18時17分
ブレイク・ハウンシェル

英雄の帰還 当局からの解放後、タハリール広場のデモ隊と合流したゴニム Dylan Martinez-Reuters

 1月27日、グーグル・ドバイ支社の幹部ワエル・ゴニムはツイッターに恐ろしいメッセージを書き込んだ。「エジプトのために祈ろう。明日、政府が戦争犯罪を犯そうとしているのではないかと心配だ。われわれは皆、死ぬ覚悟ができている」

 そして彼は姿を消した。

 翌日、怒りに満ちた群集は催涙ガスに息を詰まらせながらも、放水やゴム弾、実弾に立ち向かい、カイロ中心部のタハリール広場で、ホスニ・ムバラク大統領の退陣を訴えた。

 27日から消息を絶っていたゴニムは、彼の解放を求める国際的な動きもあって2月7日に解放された。「自由とは戦って得る価値のある神聖なものだ」と、彼は午後8時過ぎにツイートした。

 解放された日の夕方、民間テレビ局ドリーム2のインタビューに答えたゴニムは、視聴者の感情に訴える言葉でムバラク政権が作り上げようとしていたデモ隊のイメージを払拭した。「これはエジプトの若者による革命だ。私はヒーローではない」

 ゴニムは、拷問されてはいないが武装した男4人に目隠しされて誘拐され、デモ隊はどうやって暴動を起こすのに成功したのかを執拗に尋ねられたと語った。その後、インタビュアーが今回のデモで命を落とした青年たちの写真を彼に見せると、ゴニムはカメラの前で号泣し、「権力にしがみつく奴らのせいだ」と言って、席を立った。

皮肉にもムバラクが敵に英雄を送った

 ゴニムはフェースブックのカレド・サエドを追悼するページの管理人だと思われていた。サエドは昨年6月にアレクサンドリアのネットカフェで警官に殴られて死亡した28歳の若者だ。このページがエジプト全土でのデモを呼びかけ──チュニジアでのデモに触発されたこともあわせて──革命に火をつけたと活動家たちは言う。国内で行われている拷問をやめさせるために今こそ行動を起こすべきだという、明確なメッセージを発信していた。

 解放後のインタビューでゴニムは初めて自分がこのページの管理人の1人だと認めた。それでも彼は繰り返し、行動を起こしたのは「現場」で声を上げた民衆だと強調した。「私はこの12日間、そこにはいなかった」
 
 皮肉なことに、ゴニムは誘拐され解放されたことにより、一夜にして国民的英雄となった。ムバラク政権は、誰もが認める反政府運動の指導者を誕生させてしまったのかもしれない。その時期もまた皮肉と言えるだろう。汚い手を使ってデモを巧みに鎮圧しようとする政府に出し抜かれ、この数日、抗議運動の足場が揺らぎつつあった反政府勢力にとって絶対的な指導者の誕生はこの上ないタイミングでやってきた。

 ゴニムのインタビューが始まって数分も経たないうちに、彼個人のフェースブックのページには閲覧者が殺到し、ツイッターでは「ゴニム」というキーワードがトレンド上位に急上昇した。

 デモ隊にとっても、ゴニム解放のニュースが絶好のタイミングで入ってきたのは間違いない。今は最初の勢いまかせの時期を過ぎ、抗議活動の行方が不透明になっている。

 国民のあらゆる層が何十年も耐えてきた警官の暴力への反対運動を組織するのと、憲法改正や表現の自由の確立のために人々を決起させるのは別物だ。さらに国営テレビが流し続ける反デモのプロパガンダによって、エジプト国民の大多数がタハリール広場のデモ隊と同じようにムバラクの即時退陣を求めているのかすら定かではない。このプロパガンダは、デモの参加者は危険なイスラム原理主義者やイスラエルの諜報員だと喧伝している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中