最新記事

エジプト

デモ隊の英雄になったグーグル幹部

A New Leader for Egypt's Protesters?

誘拐され解放されて国民的英雄になったグーグル幹部が、分裂しかけていたデモ隊を再び1つにする?

2011年2月9日(水)18時17分
ブレイク・ハウンシェル

 1月27日、グーグル・ドバイ支社の幹部ワエル・ゴニムはツイッターに恐ろしいメッセージを書き込んだ。「エジプトのために祈ろう。明日、政府が戦争犯罪を犯そうとしているのではないかと心配だ。われわれは皆、死ぬ覚悟ができている」

 そして彼は姿を消した。

 翌日、怒りに満ちた群集は催涙ガスに息を詰まらせながらも、放水やゴム弾、実弾に立ち向かい、カイロ中心部のタハリール広場で、ホスニ・ムバラク大統領の退陣を訴えた。

 27日から消息を絶っていたゴニムは、彼の解放を求める国際的な動きもあって2月7日に解放された。「自由とは戦って得る価値のある神聖なものだ」と、彼は午後8時過ぎにツイートした。

 解放された日の夕方、民間テレビ局ドリーム2のインタビューに答えたゴニムは、視聴者の感情に訴える言葉でムバラク政権が作り上げようとしていたデモ隊のイメージを払拭した。「これはエジプトの若者による革命だ。私はヒーローではない」

 ゴニムは、拷問されてはいないが武装した男4人に目隠しされて誘拐され、デモ隊はどうやって暴動を起こすのに成功したのかを執拗に尋ねられたと語った。その後、インタビュアーが今回のデモで命を落とした青年たちの写真を彼に見せると、ゴニムはカメラの前で号泣し、「権力にしがみつく奴らのせいだ」と言って、席を立った。

皮肉にもムバラクが敵に英雄を送った

 ゴニムはフェースブックのカレド・サエドを追悼するページの管理人だと思われていた。サエドは昨年6月にアレクサンドリアのネットカフェで警官に殴られて死亡した28歳の若者だ。このページがエジプト全土でのデモを呼びかけ──チュニジアでのデモに触発されたこともあわせて──革命に火をつけたと活動家たちは言う。国内で行われている拷問をやめさせるために今こそ行動を起こすべきだという、明確なメッセージを発信していた。

 解放後のインタビューでゴニムは初めて自分がこのページの管理人の1人だと認めた。それでも彼は繰り返し、行動を起こしたのは「現場」で声を上げた民衆だと強調した。「私はこの12日間、そこにはいなかった」
 
 皮肉なことに、ゴニムは誘拐され解放されたことにより、一夜にして国民的英雄となった。ムバラク政権は、誰もが認める反政府運動の指導者を誕生させてしまったのかもしれない。その時期もまた皮肉と言えるだろう。汚い手を使ってデモを巧みに鎮圧しようとする政府に出し抜かれ、この数日、抗議運動の足場が揺らぎつつあった反政府勢力にとって絶対的な指導者の誕生はこの上ないタイミングでやってきた。

 ゴニムのインタビューが始まって数分も経たないうちに、彼個人のフェースブックのページには閲覧者が殺到し、ツイッターでは「ゴニム」というキーワードがトレンド上位に急上昇した。

 デモ隊にとっても、ゴニム解放のニュースが絶好のタイミングで入ってきたのは間違いない。今は最初の勢いまかせの時期を過ぎ、抗議活動の行方が不透明になっている。

 国民のあらゆる層が何十年も耐えてきた警官の暴力への反対運動を組織するのと、憲法改正や表現の自由の確立のために人々を決起させるのは別物だ。さらに国営テレビが流し続ける反デモのプロパガンダによって、エジプト国民の大多数がタハリール広場のデモ隊と同じようにムバラクの即時退陣を求めているのかすら定かではない。このプロパガンダは、デモの参加者は危険なイスラム原理主義者やイスラエルの諜報員だと喧伝している。

ニュース速報

ビジネス

保護主義の台頭は成長リスク、貿易開放なら所得向上=

ワールド

ロシア、米国をもはや標的とせず=トランプ米大統領

ワールド

米NEC委員長が中国主席批判、貿易摩擦解消への合意

ビジネス

英CPI、6月は前年比+2.4%で横ばい 来月の利

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッションバトルを考察してみた

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 6

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 7

    「おカネの若者離れ」で、どんどん狭くなる趣味の世界

  • 8

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 4

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 5

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 6

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 7

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 10

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月