最新記事

音楽

ジャズ第2の故郷、ヨーロッパの夏

アメリカの人種差別を逃れ、自由と解放を軸に新たな進化を遂げる

2010年9月10日(金)12時59分
バレリー・グラッドストーン

 ジャズ歌手ジョセフィン・ベーカーらが発祥の地アメリカの人種差別を逃れ、パリで歓迎の輪に飛び込んだのは1920年代。以来、ジャズはヨーロッパ文化の中で特別な地位を占めてきた。

 今なおジャズはヨーロッパの音楽祭シーズンの要だ。CDの売り上げは振るわないかもしれないが、夏の美しい風景の中でジャズを聴きたいというファンの数は年々増えている。

 ヨーロッパで最も古く、ジャズ・ア・ジュアンの名で親しまれる南仏アンティーブのジャズフェスティバルは今年50周年。ジャザルディアと呼ばれるスペインのサンセバスチャン・ジャズフェスティバルと、スイスのモントルー・ジャズフェスティバルは共に44年目を迎える。

 アンティーブ・ジャズフェスティバルは1960年、米ニューオーリンズからアンティーブに移り住み、59年にパリで客死したサックス奏者シドニー・ベシェを追悼する形で始まった。フェスティバルは欧州全土に飛び火し、今ではヨーロッパに家を買うミュージシャンも大勢いるほど。トランペット奏者のウィントン・マルサリスはフランス南西部のマルシアックに家とブドウ畑を購入した。

 「ヨーロッパ、特にフランスは第二次大戦後にジャズに恋をした」と、アンティーブ・ジャズフェスティバルの芸術監督を務めるジャンルネ・パラシオは語る。「アメリカで人種差別に苦しんだミュージシャンたちを、ヨーロッパは歓迎した。私たちにとってジャズは自由の象徴だ」

 数十年前に火が付いたジャズ熱は衰えるどころか、勢いを増している。マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、エラ・フィッツジェラルドといった巨人に負けない才能が台頭してきたためだ。

ジャンルを超えた出演陣

 ロイ・ハーグローブ、ケニー・ギャレット、ブラッド・メルドーにジャッキー・テラソン。彼らは先達に引けを取らない演奏で新しいファンの心をつかんだ。

 フェスティバルではアーマド・ジャマルやソニー・ロリンズなど、80歳前後の超ベテラン勢もステージに立つ。ピアニストのハンク・ジョーンズは今年5月に91歳で亡くなるまで常連だった。

 音楽祭の魅力の1つが会場の自然環境だ。サンセバスチャンは大西洋に面し、モントルーはアルプス山脈に囲まれている。アンティーブの会場は松林に抱かれ、マルシアックではフランスの田園がジャズに染まる。

 ライブ会場がこぢんまりとしているのもいい。ロックスターと違い、どんなに有名でもボディーガードを引き連れリムジンで乗り付けるアーティストはいないと、パラシオは指摘する。「ジャズミュージシャンは人間関係を大切にし、ファンと気軽に交流する。ほかの芸術にはない温かみがある」

 とはいえプログラムは時代を反映し、「ジャズ」にとらわれなくなった。昨年2万3000人を集めたアンティーブには今年、ポップスやR&Bに分類されることの多いジョージ・ベンソンやフラメンコギターのパコ・デ・ルシアが出演。ジャズベーシストのマーカス・ミラーはモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団と共演する。
オランダ・ロッテルダムのノースシー・ジャズフェスティバルも、ジャンル外のアーティストを呼ぶ。今年の目玉はスティービー・ワンダーで、そのほかクラシックピアニストのも招いた。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 9

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月