最新記事

諜報活動

ロシア人スパイ、秘密の暗号技術

米で逮捕された露スパイ団は玩具店でも買える「見えないインク」を使って交信していた!?

2010年7月2日(金)16時41分
クリストファー・ビーム

見えるのは私だけ スパイが文字を消す手法は意外と原始的だった

 米捜査当局は6月28日、アメリカ国内で活動していたロシアのスパイ集団11人を逮捕した。彼らはどうやら、そのスパイ活動に古臭い手法を使っていたようだ。米司法省の告訴状によると、ある容疑者は別の容疑者にメッセージを「見えない状態にして」送っていたという。

 スパイが、玩具店で売っているのと同じような「見えないインク」を使うとでもいうのだろうか?

 大いにあり得る話だ。玩具メーカーが見えないインクを作る方法は主に3つあり、すべてスパイも活用している手法だ。最も知られている方法は、レモン果汁など透明に近い酸性物質を使って紙に書くというもの。そのままでは何が書かれているか見えないが、ドライヤーなどで熱を加えると書いた文字が浮き上がってくる。

 2つ目の方法は、化学反応を利用するやり方。例えば、チモールフタレインという物質は青色のインクを作るのに使われるが、このインクはすぐに透明になる。だが、これをアルカリ性の高い(ph9.3以上)物質に浸すと、再び文字が浮かび上がる。

 3つ目は、紫外線にさらすと文字が現れる液体を使う方法だ。これに使われる液体の例としては、牛乳や精液のような有機物質から合成洗剤のような蛍光性化学物質まで幅広い。

デジタル写真にテキストを埋め込み

 CIA(米中央情報局)はアメリカのスパイも見えないインクを使うとしながらも、どのタイプのインクを使っているかは明らかにしていない。とはいえ、米政府が見えないインクの製造技術に革命でも起こさない限り、現在CIAで使われているインクは玩具店に置いてあるものと大して変わらないだろう。

 98年、CIAは見えないインクの製造方法を記した第1次大戦時の文書の公開を拒んだ。同様にして、「機密インクの技術マニュアル」と題された45年時の文書も非公開のままだ。

 アメリカの研究者たちは、他国で使用されている技術をいくつか探り当ててきた。例えば旧東ドイツの秘密警察シュタージは、複写に似た手法を用いていた。2枚の白紙の間に化学物質(シュウ酸セリウム)を含んだ紙を1枚挟み、一番上の紙にメッセージを書くと真ん中の紙の化学物質が一番下の紙に移される。この一番下の紙を硫酸マンガンと過酸化水素の溶液に浸すと、文字がオレンジ色に浮かび上がる。

 見えないインクが始めて使われたのはおそらく17世紀で、アメリカでは独立戦争や南北戦争、第二次大戦でも使用された。だがその後もっと高度な暗号技術が普及するにつれ、見えないインクは廃れていった。

 高度な暗号技術としては、例えば文字を元の大きさの400分の1に縮小できるマイクロドット技術がある。他には、イメージファイルの余白部分など、別のデータにメッセージを隠すステガノグラフィー技術があり、ロシア人スパイ団が好んだのはこちらのようだ。FBI(米連邦捜査局)によると、彼らは100枚以上のデジタル写真にテキストを埋め込み、やり取りしていたという。

Slate.com特約)

ニュース速報

ビジネス

米株は小幅続落、関税発動期限控え様子見

ワールド

ロシア、介入疑惑否定の通信記録公表を提案 米は拒否

ワールド

米民主サンダース氏、進歩主義団体の支持獲得 ウォー

ワールド

米、北朝鮮が非核化へのコミットメント堅持と楽観=国

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

  • 3

    筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人筋トレ」の最終形

  • 4

    日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

  • 5

    米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反…

  • 6

    「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

  • 7

    対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

  • 10

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月