最新記事

テロ

見過ごされた新型「パンツ爆弾」警報

クリスマスの米航空機爆破テロ未遂事件に使われた「パンツ爆弾」は09年夏にサウジでも使われていた可能性が高く、米当局も報告書まで作っていた

2010年1月5日(火)16時14分
マーク・ホーゼンボール(ワシントン支局)

「パンツ・ボマー」  下着に爆発物を隠していたアブドゥルムタラブ容疑者に付いたあだ名 Reuters

 米安全保障当局の情報源から得た情報によると、米国土安全保障省(DHS)などは昨秋、下着の下や体内に隠された爆発物が航空機の運行に及ぼす脅威についての報告書を配布していた。

 国家テロ対策センター(NCTC)とCIA(米中央情報局)、DHSが作成したこの報告書は、クリスマスの米機爆破テロ未遂事件など具体的な計画について警告していたわけではないし、爆発物は「パンツの中」にあると特定していたわけでもない。

 だが問題は、事件の何カ月も前に下着爆弾の危険性を検討していながら、何も対策を採っていなかった事実だ。米情報当局や治安当局、そしてオバマ政権のテロ対策は機能しているのか。クリスマスの日、容疑者のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブが試みたとされる類のテロに対する警戒と備えは十分だったのか。

 バラク・オバマ大統領は1月2日、クリスマスのテロ未遂事件にはイエメンとサウジアラビアを拠点とするアルカイダ系武装組織「アラビア半島のアルカイダ」(AQAP)が関与したと表明。計画を練ったのも爆弾を作ったのもAQAPだという見方を示した。

 先の安全保障当局者によると、報告書が配られたのは2カ月ほど前。米当局はちょうどその頃、サウジアラビアの対テロ対策責任者ナエフ王子を襲った09年8月のテロ未遂事件に関連して、初期の検死結果を受け取ったところだった。

 それによれば、自爆テロ攻撃で死んだサウジアラビア人のアルアシリは、肛門に爆発物を隠していたとされていた(アルアシリはイエメンに逃げていたことがあり、捜査当局はこの爆発物もイエメンで入手したとみている)。だがサウジアラビア当局は後に、アルアシリが爆弾を隠していたのは下着の中だったと結論づけた。

2つの爆弾を作ったのは同一人物?

 10月にはナエフ自身がホワイトハウスを訪問し、テロ対策担当の大統領補佐官ジョン・ブレナンに、下着の下に爆発物を隠す技術について伝達していた。クリスマスのテロ未遂事件を担当する捜査官らが語ったところでは、彼らは今では、アルアシリとアブドゥルムタラブが使ったとされる爆発物は、同じ人物が作った可能性が高いと考えている。

 オバマ政権関係者によると、ナエフがホワイトハウスに伝達した情報はきちんと関連機関に伝えられた。冒頭のNCTCらの報告書は、これら機関がナエフの情報を十分吟味した後に書かれたようだ。

 複数の治安当局者によると、下着に隠された爆弾は、肛門などに埋め込まれた爆弾より航空機の運行に大きな危険を及ぼすとこの報告書は指摘している。体内の爆弾は衝撃の多くが人体に吸収されてしまうため、傍にいた人を傷つけることはあっても、飛行機の構造そのものを破壊する可能性は少ない。だが下着に隠された爆弾は、潜在的に破壊的な損傷を航空機に与え得るという。

 NCTはこの報告書についてのコメントを拒否、CIAからも返答はなかった。DHSの担当者は匿名を条件に、ナエフに対する自爆テロ攻撃について詳細な報告を受けたことを認めた。「DHSは事件と使用された技術について報告を受けた。もちろん、関係者に知らしめるべき情報だ」

ニュース速報

ビジネス

米FRB、経済活動はなお順調 支援策撤回に向けた議

ビジネス

華為やZTE、「米救済計画法」の適用除外を 上院議

ビジネス

米ロ、核軍縮協議再開 9月会合開催で合意=米国務省

ビジネス

米、連邦政府機関内でのマスク着用指示 コロナ感染拡

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 10

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月