最新記事

ヘルス

生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人生初のセックスは「上手くいった」!

2018年6月6日(水)18時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

metro news ht/YouTubeより

<子宮と腟の一部もしくは全部が欠損して生まれる先天性の疾患、ロキタンスキー症候群。たくさん泣いた少女はついにヘルシーなセックスライフを手に入れた>

ブラジルに住む23歳のJucilene Marinhoの膣管は、淡水魚ティラピアの皮でできている。

彼女は、ロキタンスキー症候群(MRKH)患者だ。先天的な原因により、女性生殖器の一部もしくは全体が欠損する腟欠損症の一種で、約5000人に1人の割合(メトロ紙)で発症するといわれる。

そんな彼女は昨年、革新的な手術を受けた。ブラジル北東部で行われた「新・膣形成術」は、膣と肛門の間に作られたスペースに、淡水魚の皮で覆われたチューブの管を挿入する。試験段階の術式だったが、Marinhoは希望を抱いて手術に踏み切った。英ザ ・サン紙ミラー紙など複数メディアが報じた。

こうして「新しい膣」は出来上がった

手術を執刀したアシス・シャトーブリアン・マタニティ・スクール (MEAC)の婦人科医、レオナルド・ベゼラによると、3年前からティラピアの皮を火傷の治療に使っていたという。

通常は廃棄物になるティラピアの皮だが、水分量が多く、回復を促すコラーゲンタイプ Ⅰとプロテインを豊富に含む研究結果がある。加えて、病気への抵抗力があり、人間の皮膚と同じように丈夫で、張りがある。そこからヒントを得て、応用することに決めた。

「新しい膣」の仕組みはこうだ。膀胱と直腸の間にスペースを作り、そこに、ティラピアの皮で覆った膣の形状のアクリル型を挿入する。壁が閉じないようアクリル型は10日間放置されるが、その間にティラピアの皮は細胞組織に吸収・転換され、患者の組織細胞に向かって、幹細胞のように細胞と成長因子を放出。本物の膣と同じような膣壁を形成する。ティラピアの皮の行方はと言うと、生体適合性を有しているから完全に身体に吸収されるそうだ。

ティラピアの皮は手術前に殺菌処理が施され、鱗と魚の生臭い匂いを除去。これをもとに作られた淡色のジェル状の被覆材は、冷凍保存で無菌状態のまま最長2年は保存可能という。

metro news ht/YouTube

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月