最新記事

個人情報

IT配車サービスUberの対メディア報復が怖い

幹部が語ったのは「ジャーナリストの私生活を調べてネットでさらす」という計画

2014年11月19日(水)16時10分
エリオット・ハノン

急成長の影に 世界中の都市に進出するUberにはタクシー業界からの反発もある Kai Pfaffenbach-Reuters

 ITを駆使した配車サービス会社「Uber(ウーバー)」は、メディアの批判がことさら気に入らないらしい。メディアの批判が嫌いなのはどんな会社も一緒だが、Uberが他の企業と違うのは、批判的な記事を書いた記者が先週末の夜、何時にどこから帰宅したか、などの情報を掴んでいることだ。

 ウーバーは、スマートフォン専用アプリを使ってハイヤーやタクシーを呼べるサービス。09年にシリコンバレーで誕生し、簡単に車が呼べて料金はアプリで自動的に決済できる手軽さなどが受けて、今では世界中の都市に進出している。しかし規制の厳しいヨーロッパなどでは、新規参入を警戒する既存のタクシー業界から反発も起きている。

 ニュースサイト「バズフィード」の記事によると、ウーバーの幹部は、批判の矛先を向けてくるメディア記事に対抗するためにまで自社のIT技術を「駆使」するつもりらしい。

 バズフィードのベン・スミス編集長は、こう書いている。


 ウーバーの経営幹部は、批判的なメディアのスキャンダル探しをする「反対派リサーチチーム」の設置を考えているとほのめかした。具体的には、ウーバーを批判した女性ジャーナリストの私生活をネットで拡散するという。

(ウーバーの社長補佐エミル・マイケルは)ニューヨークでのディナーの席上、「100万ドルかけて」リサーチャー4人とジャーナリスト4人を雇う考えを開陳。このチームがメディア側の「私生活や家族」について調べ、メディアがいつもやっていることを逆に味あわせるせてやる、と語った。

 実際、ウーバーのニューヨーク支部長は、会社の運営方針をめぐってバズフィードの女性リポーターと議論する中で、彼女のプロフィールにアクセスしていた。彼女はウーバー側とメールでやり取りしていたが、プロフィールへのアクセスを許可したことは一度もない。


 この記事に対して、マイケルは食事の席で自分の口から出た言葉は、頭の中で考えていたこととは違う、と弁明した。

 もちろん、これはウーバーのポリシーにも反している。ウーバーの広報担当者は、バズフィードに対して「(「反対派リサーチチーム」の)活動は、プライバシーとデータ利用に関する社のポリシーに明らかに違反する」と、語っている。

© 2014, Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中