最新記事

情報

イスラム過激派のポルノ観賞を監視せよ

スノーデンの新たな暴露文書で、NSAの意外な情報収集が明らかになった

2013年11月28日(木)17時29分

世界を監視 扇動者の弱みを握るのも重要な作戦(メリーランド州のNSA本部) Reuters

 ここ数カ月、米国家安全保障局(NSA)による外国要人・組織への通信監視活動が次々と明らかにされているが、まさかオンラインポルノ観賞まで見張っているとは誰も思わないだろう。

 しかし、相手がイスラム過激派となると話は別だ。

 NSAは、扇動的な発言で一般のイスラム教徒を過激派に駆り立てていると思われる人物の「ポルノ観賞の記録」を集めているという。
 
 NSA勤務歴があるエドワード・スノーデンが暴露した文書に基づきハフィントンポストが報じたところでは、監視対象となったイスラム教徒は6人。彼らの個人的な弱みを利用して、信奉者の信用を損なうことが目的だった。

 文書は昨年10月3日付け。その中でNSAは、監視対象の偽善的行動を浮き彫りにすれば、評判と権威を失墜させるのに効果的だと指摘している。「(性的なコンテンツの)利用に焦点を当てれば、彼らのメッセージの品性や信頼性の低さ、またはその両方を明らかにできる」

 文書の別表には、監視対象となり得る人物の名前とそれぞれの弱みが記されている。例えば、1人の弱みは「オンライン乱交」、別の1人は「華美な生活」だ。

 スノーデンのロシア亡命を支援した内部告発サイトのウィキリークスはこの記事について、次のようにツイートした。「ポルノ観賞でNSAの標的になった6人はいずれも、テロ計画への関与で告発されていない」

From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシア軍、ウクライナ中部ポルタワ州を攻撃 22人負

ワールド

NATO加盟20カ国超、24年に国防費2%目標達成

ワールド

デンマーク、ロシア産原油輸送の「影の船団」阻止を検

ワールド

ロシア拘束の米記者、スパイ容疑の審理非公開で実施 
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中