最新記事

対テロ戦争

米軍撤収は勝利ではなく破産の証し

経費削減のために駐留米軍を撤収させよ。「借金ゆえの孤立主義」が米政界を席巻しているが

2011年8月4日(木)14時42分
ニーアル・ファーガソン(本誌コラムニスト、ハーバード大学教授)

戦争は無駄遣い? 外国での戦争より教育や雇用など国内問題への関心が高まっている Jose Luis Magaua-Reuters

 激しい党派対立に明け暮れているアメリカ政界で、奇跡的に1つのコンセンサスが形成されている。それは「駐留米軍を撤収させるべきだ」という主張だ。

 バラク・オバマ米大統領は最近、アフガニスタン駐留米軍の撤収計画を発表した。今年中に1万人、来年夏までに2万3000人が帰国。09年12月にオバマが増派を命じた兵力がすべて撤収することになる。

 これは勝利の証しではない。破産の証しだ。「財政面からみて、アメリカはイラクとアフガニスタンに金を使い過ぎている」と、ある政府高官はニューヨーク・タイムズ紙に語った。

 以前は民主党の一部の勢力や共和党が撤収に反対した。だがオバマの撤収計画発表の数日前に行われた共和党大統領候補の討論会では、全員がオバマ以上にハト派的な発言を競い合った。

 先陣を切ったのは、現時点で支持率トップのミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事だ。「米軍の撤収をできるだけ急ぐべきだ」と言うロムニーはその上で、アフガニスタンの治安改善は同国の軍隊に任せるべきだと主張した。

 ロン・ポール下院議員も負けていない。「私なら米軍を早急に撤収させる。イラクからも撤収させる。リビアへの介入も誤りだ。イエメンとパキスタンでの空からの攻撃も中止だ」

 草の根保守派連合「ティーパーティー」期待の星であるミシェル・バックマン下院議員もリビアへの関与を中止すべきだと主張する。「アメリカが攻撃されたわけでも、脅威があるわけでもない。重要な国益もない」。ニュート・ギングリッチ元下院議長も待ちかねたように口を挟む。「米軍を安全に早急に撤収させる計画の策定を軍上層部に要請しなければならない」

 ティム・ポーレンティー前ミネソタ州知事とリック・サントラム前上院議員は、そもそもアフガニスタンへの派兵の理由は国際テロ組織アルカイダによる9.11テロだったということを再認識すべきだと語った。だが2人とも「莫大な金を節約できるから」軍を撤収させるべきだという多くの候補者の意見に反対はしなかった。

米軍撤収の潜在的コスト

 ようこそ、借金ゆえの孤立主義の世界へ! 今や、財政の帳尻合わせのためには戦略など二の次、という見方が声高に叫ばれるようになった。

 ジェームズ・ベーカー元国務長官が指摘したように、財政赤字の利払いは10年もしないうちに国防支出を上回るかもしれない。米議会予算局によると、戦闘即応態勢にある兵力を15年までに4万5000人に減らすことで節約できる金額は、4000億ドル以上になるという。

 アメリカが財政を健全化させる必要があるのは確かだ。だが国防費削減を検討する際には、駐留米軍撤収に伴う潜在的なコストも考慮するべきだ。過激なイスラム主義が世界全体で衰退しているという話は聞かない。

 いずれにせよ、イラクとアフガニスタンへの派兵は財政問題の主な原因ではない。昨年の国防予算はGDPの4.7%だが、高齢者と低所得者向け医療保険と社会保障の経費の合計は10.3%を占める。

 民主党も共和党も、2つの厳しい現実を再認識すべきだ。財政を破綻させたのは国防支出ではない。ベビーブーム世代の引退に伴う社会保障費の急増だ。一方、アメリカを取り巻く外の世界は、まったく安全になっていない。いい例がイエメンだ。

「借金ゆえの孤立主義」は有権者受けするかもしれない。だが真のリーダーなら、それは財政健全化のための最善の道ではないと説くはずだ。

[2011年7月 6日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中